ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●フランシス・ベーコン展

今日は、ひさびさに竹橋に行くことと相成りました。気分的にベーコン観てもイイか・・・という気分になったので。

【フランシス・ベーコン展】
竹橋・東京国立近代美術館  〜5/26まで開催。

初めて観る絵です。名前だけ辛うじて知っていたと言う。
a0268821_0193535.jpg


a0268821_021960.jpg
実のところ、ポスターの絵を観て敬遠気味でした。実際観ても、はっきり言って気持ち悪いし怖い絵。顔がグチャグチャだからです。ピカソやダリが好きな私でさえ、ちょっと受け付け難い感じ。気持ち悪くなりました。

しかし、どんどん観ていくと、独特の色彩(特にピンクとアオ緑とオレンジ)と画面構成がインパクトがあって美しいと思えました。しかし人間の身体の省略というのか、顔の潰し方がどうも・・・。
a0268821_0253364.jpg


身体パフォーマンスの映像が無気味、ふしぎ、面白かったです。でもベーコンは金輪際観に行きません。


ベーコン展の入場料で、常設展と、すこしはなれたところにある工芸館の展示も観ることが出来ます。常設展は観ませんでしたが、工芸館まで足を伸ばしました。
【花咲く工芸 展】
東京国立近代美術館工芸館 〜5/6まで。

花がテーマなので観てみました。なかなか良かったです。素敵なモノが沢山観られました。たまにはいいですね。
a0268821_0305185.jpg

玄関脇にある大物。『果樹園』・・・
a0268821_031562.jpg


ちょっと、作家名と作品名を覚えてないので残念ですが、リストで分かるのは、藤井達吉さんの『草花図屏風』、木(板)に浮き彫りして着色されたもの。加藤土師萌さんの「青白磁型押草花文鉢』『色絵金彩団花文飾壷』。松井康成さんの『練上梅花文大皿』『練上玻璃光大壷』などが覚えているところ・・・。素晴らしい作品群でした。
[PR]
# by e-ku-bo3 | 2013-04-12 23:09 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●ガク桜と柳瀬川

桜のピークには観に行けなかったのですが、散った後のガクだけの桜も、赤い色が際立って、乙なものです。
a0268821_23244912.jpg
a0268821_23251812.jpg
a0268821_23262779.jpg


すっかり春の新緑。釣り人も暖かそうです(実際は風が冷たかった)
a0268821_23291076.jpg
a0268821_23293417.jpg


a0268821_23303814.jpg
a0268821_2331383.jpg


金山緑地公園も、ポカポカした感じに風景が変わっていました。枝垂れ桜も葉桜に。
a0268821_23332472.jpg
藤棚かと思たんだけど、なんだろう?
a0268821_23341196.jpg


カモ、そしてトリオ・ザ・コッコ〜〜!!
a0268821_2336356.jpg
a0268821_23371966.jpg

[PR]
# by e-ku-bo3 | 2013-04-08 23:15 | ウォーキング | Trackback | Comments(0)

●いまごろ椿

椿を見に行きたいな〜〜と思いつつ、どこに沢山咲いてたんだったか、思い出せぬまま。

しかし灯台もと暗し。ご近所にも咲いていました。しかし、今頃??季節がよくわからない〜最近。

a0268821_22592013.jpg
この真っ赤な椿。すごく花が巨大。でも、近くで撮れなかったので、上手く伝わらない。

a0268821_2304221.jpg
このピンクはとても柔らかい色でとてもキレイ。欲しいわ〜〜〜!!

やっぱり椿はいいですね〜〜〜。好きです。
[PR]
# by e-ku-bo3 | 2013-04-08 22:54 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●久々に富士山

最近、家から富士山が見えないので、ちょっとご無沙汰でした。

a0268821_2250544.jpg

[PR]
# by e-ku-bo3 | 2013-04-08 22:26 | 本日の富士山 | Trackback | Comments(0)

●ミュシャ展

今日は、映画を観るか美術館行くか迷いましたが、ミュシャを見ることにしました。

【ミュシャ展】
六本木・森アーツセンターギャラリーにて。〜5/19まで。
a0268821_0235657.jpg

いつ見ても怖いです、なんだか。東京タワーと一緒に撮っておきました。

ミュシャ展は、たぶん20年以上昔、大阪在住時代に観たキリだったのではないかと思います。アールヌーボー式の画風ですが、画家と言うより、イラストレーターあるいはデザイナーというような延長線で観るせいか、綺麗だけれどあまり強い興味はありませんでした。

今回は、いつもの絵以外の作風のが観られるとのことで、行ってみました。
a0268821_0373078.jpg

今回、油絵、テンペラ画、鉛筆などの習作が沢山きていました。上手いです!柔らかい色合い、ポスター絵をリトグラフで作っていたわけですが、ほんとに人物、女性が美しい。壁画や舞台絵なども描いていました。

モデルを写真で撮って作画しているなど、近代的な手法です。ミュシャの娘さんが絵葉書にもありますが、とても美人〜〜。スラブ系の人、ボスニアの戦争がミュシャの後半に影を落としているということは始めて知りました。そう思うと、今までと違った眼で作品を観賞できます。

とはいうものの、つよい感動はなかったな〜〜〜〜。
[PR]
# by e-ku-bo3 | 2013-04-05 00:14 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)