人気ブログランキング |
ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●新年。法隆寺篇−2

【法隆寺】
つづき・・・です。

●五重塔
五重塔で飛鳥時代の建立。先の南大門は室町時代に再建されたものだそうですが、こちらは、我が国最古の五重塔ということ。
a0268821_22342261.jpg

a0268821_22344410.jpg
a0268821_22345042.jpg
先端部分に2本の鎌が差してあるのだそうです。雷除けのおまじないみたいです。ちょっと怖いけど、カッコいいかも?

ちなみに塔はストゥーパとも言うそうですが、なんか聞いたことあると思ったら、墓地に立っている木の卒塔婆=これが仏塔を簡略化したものということ。なるほど、納得。



●金堂
五重塔の隣の金堂には、法隆寺のご本尊が安置されています。飛鳥時代に造られた金銅釈迦三尊像、金銅薬師如来坐像、鎌倉時代に造られた金銅阿弥陀如来座像、そして我が国最古の四天王像は白鳳時代のもの。
a0268821_22343614.jpg
a0268821_22345767.jpg

屋根を支える獅子や象、龍など・・・
a0268821_22350961.jpg
a0268821_22352690.jpg
a0268821_22353878.jpg
a0268821_22361847.jpg
空を撮ったら、逆行で完全にシルエットだけ・・・。


●鐘楼
鐘楼と大講堂は一度焼失して再建されたもののようですが、この鐘楼の中の梵鐘は白鳳時代のものだそうです。
a0268821_22360520.jpg

●大講堂
a0268821_22361083.jpg

●聖霊院
a0268821_23522844.jpg
a0268821_23524250.jpg
a0268821_23525107.jpg

●大宝蔵院
a0268821_23530766.jpg
ここには百済観音像が・・・


ちなみに正岡子規の「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句碑が、聖霊院の前の鏡池のそばに立っていたそうなのですが、見逃しました!


わやわやと、家族バラバラに写真撮ったりしながら、さらに東大門を抜けて、夢殿へ参ります。
a0268821_00072504.jpg
つづく・・・


by e-ku-bo3 | 2016-01-03 22:41 | ウォーキング
<< ●新年。法隆寺篇−3 ●新年。法隆寺篇−1 >>