ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●脱力、脱殻、脱重力・・・

今日は、だらだらと過ごした1日でしたが、午後の散歩では、沢山の虫たちに出会いました。生きているのと生きていないのと両方。

朝のジョグ散歩とは別に、洗濯機が壊れたままなので、コインランドリーで洗濯する間に少し散歩するのですが、途中立ち寄る神社の境内で、つぶれた玉虫を見つけました。先日も見つけて、この辺りには玉虫が沢山いるんだな〜〜〜でも、いつも死骸ばかりで生きたの見たことないな・・・と思っていたのですが・・・

さらに少し先に歩いて行くと、前方から、何か大きい虫が、ブ〜ンと、こちらに向かって飛んでくるではないですか!!うわ〜〜〜っ!!怖っ!!って、固まってたら、よくよく見ると、それは生きた玉虫!!!ではないですか!!ビックリするあまり、身動きできず、かなり近く(といっても前方3〜5mくらい)まで旋回して寄って来てのに〜〜写真撮れませんでした!もっとも、私のガラケーでは、撮ることは無理だったでしょうが、残念でした!身体を縦にして飛んでいて、飛びにくそうな感じ。そのうちに川べりの大きな樹の上の方に飛んで行ってしまいました。

あ〜〜まさか、本物の、生きて飛んでいる玉虫に逢えるとは!神様の巡り合わせ〜〜!!ドキドキしたわ〜〜!!!!


さて、ある地点から折り返して来る途中、え?!と思わず、後戻りしてしまいました。
a0268821_22462255.jpg
うわ〜〜〜!今度は、でっかいカブトムシか?!でも、怖々触ってみたけど、動かなかったので、金網にしがみつく形で、絶命したようです。
栗系の樹や雑木林の多い町なので、沢山いるようなんですが、生きてる個体には、この町ではまだ見たことありません。
でも、子供の頃、祖父母のいる山には夜、裸電球だけの闇にしていると、外からいくらでも飛び込んでくると言うすてきな夏休みの思い出があります。




さて今年は、蝉が少ないな〜〜っと、思っているんですが、他の地域ではどうでしょう?というか、この数年のうちでは少なめなだけで、今年が普通なんですけどね。(だと思うんですが?)
a0268821_22462580.jpg
あちこちに抜け殻が鈴なりなのは変わりありません。この土地に来て初めて、鈴なりの抜け殻と抜け穴というのを見て、ものすご〜〜くビックリしました。都会ではあり得ない光景です。


さて、写真撮れなかったのは、やはり飛翔する美しい黒い羽の虫たち、オレンジラインの鮮やかなカラスアゲハと、太陽の光が反射すると煌めく黒い羽のハグロトンボ

美しい虫たちに沢山出逢った夏の1日でした。




[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-08-03 23:05 | ウォーキング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ekubolife3.exblog.jp/tb/21513709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kinokoji at 2015-08-04 00:45
クワガタにカブト、子どもたちに大人気で、うちのそばの 樹液のでているコナラの木には 虫も人もたくさん集まってきます。夏の風景。
Commented by e-ku-bo3 at 2015-08-04 22:37
> kinokojiさん。やはり、夏休みは今も昔も
虫取りイベントですね〜〜!
<< ●またまた枯れまくり買い足し植え替え ●キジムナーが出そうなガジュマル >>