人気ブログランキング |
ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●マグリット展

【マグリット展】
●乃木坂・国立新美術館  ●2015/3/25〜6/29まで

ルネ・マグリットってベルギーの画家だったんだ〜〜!!

というくらいの程度ですみません。絵だけは有名な鳩のシルエットの絵(<大家族>というタイトルでした)で知ってるつもりだったんですが・・・。

・・・というより、忘れられないのが、その鳩の絵で、高校の同級生の女性さんが、美術の油絵の授業で、そのまんま、真似して絵を描いていたのをものすごく思い出す。あまりに有名な絵だったので、創作油絵の時間だったはずなのに、あの当時の美術の女教師がスルーしていたのが、不思議で不思議でしょうがなかったんですよね。いいのか?って感じで。すでに数十年も前の話。


それはさておき・・・・
a0268821_22490939.jpg
a0268821_22333390.jpg

まあ、まあ・・・良かった。マグリットって面白い発想の絵で、もともとが広告デザイナーだったということですが、そこから転向して画家になったという。シュルレアリズムの巨匠・・・。不思議ワールドです。

観ていて分かったんですが、好きなモチーフがあるんですね。好きと言うか、とくにモチーフとして頻出しているもの。

窓(枠?)・岩・木(葉っぱ)・雲・鈴??三日月・・・あと奥サマモデルにした女性。帽子をかぶってスーツ姿の男性(自分モデル?)。特に窓枠から見た風景、窓枠を背景に配した絵が多いように思ったのです。



●絵はがき●

マグリット展のハガキがつまらなかった。今回の展示のオリジナルハガキでなく、ベルギーの公式ハガキしかなく(今回展示されてないものが大半)、しかも今日の時点でほぼ売り切れて在庫なし。なんという不手際!
a0268821_22333880.jpg
この2枚は今回展示あり。右下の<ゴルコンダ>は有名だし以前にも観たことがある作品。こんなタイトルだったとは知りませんでした。どういう意味?
左上<傑作あるいは水平線の神秘>。連作で同じく三日月のある絵<夜会服>は長い
髪の女性の裸像の後ろ姿の絵も良かった。


a0268821_22333637.jpg
左:<大家族>・・・え??そうなの?って感じ。結びつかない。でもこの絵が冒頭に書いた同級生が描いた絵。ちなみに上のパンフの鳥の方は<空の鳥>、そのまんまやん!
右の絵はなかったように思いますが、他の岩シリーズが何点かあって、良かったです。岩がドーーーン!の<記念日>が凄いインパクト。その隣にやはり岩が山に乗っかっている絵<ガラスの鍵>は青みがかった、とても色が綺麗な1点。


面白い絵、良かった絵はもっとありますが、すでに絵が思い出せないです。ググりながら確認。

不思議だったのは、<呪い>と言うタイトルなのに、青い空に白い雲・・・タイトル見なかったら普通に爽やかな空の絵と思ってしまいます。他の方のブログで意図がわかりました。
<前兆>・・・大きな洞穴から遠くの山を仰ぎ見るような絵。
<旅人>・・・空間に色んな物が丸く固まって浮かんでいる絵。

<禁じられた世界>・・・半魚半人の不思議な人の岩の絵。・・・私が子供の頃、雑誌でだまされたマッド・アマノの写真はこれにインスパイアされたんだな〜きっと。
<炎の帰還>・・・シルクハットと燕尾服の男性が真っ赤の背景の中、グイッと乗り出してる絵。迫力の色合いです。

作品の良さと関係ないんですが、<恋人たちの散歩道>って作品が、窓全体が左に傾いてるのが気持ち悪かったです。描くときに平行が取れなかったのか、額装時に歪んでしまったのか、凄く気になって仕方がありません。


面白いけど、マグリットは、じっくり(タッチや技術を)観るってタイプの絵画ではないので、サクッとスルスル観てさっさと見終わりました。




by e-ku-bo3 | 2015-04-20 23:32 | エクボの日々
<< ●完全に新緑、真夏日〜〜! ●アボカドったら、もう1本 >>