ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

タグ:関西 ( 3 ) タグの人気記事

●奈良(1)・鹿と興福寺

1月3日、奈良へ。元旦に興福寺の国宝館の改装後の初オープン。ということで興福寺行きに決定〜〜!
しかし、元旦の天満宮で腰を痛めた父は留守番、母および他家族一同と。
法相宗大本山【興福寺】
あ、世界遺産だったのですね。全然意識なし、のために、今回は国宝館のみに限定。

a0268821_10322076.jpg
a0268821_10045961.jpg
五重塔と東金堂。
a0268821_10064759.jpg
この中に国宝ものの仏像群。撮影不可です。
a0268821_10055611.jpg
奥が南円堂、右は再建中の中金堂です。


国宝館・・・なんかシンプルすぎて・・・
a0268821_10101178.jpg
中も撮影不可なので、絵はがきのみ。

a0268821_10110181.jpg
左上:南円堂の「木造不空羂索観音菩薩坐像」これは見ていません。絵はがきいらなかったわ。
右上:国宝館「千手観音像菩薩像」大きかった!!神々しい!
下:言わずと知れた「阿修羅立像」、一時アシュラーなんて流行りましたね。あの人たちは今???ほっそりした立像です。私の好みタイプではなかったです。

a0268821_10190361.jpg
木造十二神将立像。鎌倉時代。これはもうほんとにカッコいいとしか!!この生き生きとした造形はどうでしょう!好きですこの立像群!!これは東金堂の中に薬師如来や日光、月光、文殊菩薩、維摩居士、四天王のさらに後ろに所狭しと無造作に置かれている感じ。


a0268821_10190624.jpg
板彫十二神将像。平安時代。これは半立体なわけですが、同じ十二神将だけど、かなり表現が利害増すね。でも面白い。


a0268821_10191127.jpg
八部衆立像。ここに、阿修羅像も含まれているんですね!


大学生の甥も同行していたので、あまり関心ないだろうということで(ぼーっとした子なので)、仏像は究極のフィギュアなんだよと、力説。そしてこのあと、大仏殿へ行って、日本最大の究極のフィギュアを観に行くオバさま軍団なのであった!



★奈良と言えば、鹿でしょ!奈良公園
[PR]
by e-ku-bo3 | 2018-01-03 09:34 | ウォーキング | Trackback | Comments(0)

●2018年の始まりはじまり!

大変遅ればせながら・・・
2018年 戌年
新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします

もう既にこれを書いているのは19日。月後半になってしましました。早いーー!
携帯をアイホーンに機種変更したせいで、ネット検索などが携帯で容易になったのと色んなサイトに気軽にアクセス出来るようになってしまったためにPCを開く機会が減ってしまったと言うことです。だめですね〜〜!

今年もやはり元旦から実家に帰省。老両親たちとともにあちこち観光した次第です(去年の観光記録もまだ記載していないのですが)
もう、記憶も薄くなったので、ざっくり写真だけ。

【大阪天満宮】

天満の天神さんです。元旦午後遅くに出かけたので、天神商店街を長々歩いてやっと辿り着いて、短い行列。でも30分位並んで、ちょこっと拝んですぐ帰ると言う状況。町中にあり境内も狭くて溢れかえっていると言う天神さんです。何十年ぶりにきたことか。
a0268821_09214246.jpg

a0268821_09214802.jpg
a0268821_09215100.jpg

その裏口にあるのが繁昌亭
a0268821_09284450.jpg
a0268821_09284698.jpg
ここには入ったことありません。今回もスルーでした。

行きは天満の駅から歩いて遠かったのですが、帰りは南森町から。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2018-01-01 19:38 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●元旦:阿倍王子神社と安倍晴明神社

お正月の記録になります。なかなか書き込む気力と集中力がわかず、もう1月も終わり。

今年のお正月は足掛け5日間帰省。実質4日間の滞在。張り切りすぎる老親含め、連日家族たちと出かけて、こっちがヘトヘトになりました。


元旦の昼過ぎに帰宅したあと、午後から早速、初詣。少し足を伸ばして、数十年前まで住んでいた地域の神社まで、足を伸ばしました。もちろん、その神社にお参りするのは、最後はいつだったか?・・・40年以上前かもしれません。

【阿倍王子神社】
a0268821_09133395.jpg
私たちは、通称・王子神社と呼んでいました。大阪市阿倍野区にある結構由緒ある神社です。神社のHPによると、なんと仁徳天皇による創建、平安初期、天長3年(826年)、弘法大師空海が時の淳和天皇の特命を受けて、疫病退散の祈祷に成功したため、痾免寺(あめんでら)=疫病を治癒する寺と言う意味で(通阿倍:つうあべ)という名前をつけてもらった、ということです。
a0268821_09133702.jpg
決して大きい神社ではなく、案外こじんまりとしていますが、沢山の社が並び、地域の神社として親しまれている所です。


阿倍野区は古代の豪族・安倍氏の居住地だった所で、奈良時代には「阿倍寺」があり、昔はかなり広いお寺だったようです。・・・そう言えば、小学校の同級生に安倍君って、いたな〜〜?彼はこの豪族の子孫だったのかな?

この界隈、熊野古道が通っており、沢山の王子神社があったようですが、四天王寺と住吉神社の中間あたりにあるので、熊野王子社のひとつとなって、地域名から阿倍野王子と呼ばれるようになったそうです。


a0268821_09255431.jpg
しかし、後ろの張り紙を見てください。なんとだらしない神社でしょう!お正月早々なのに、この有様、あり得ないでしょう!!びっくりした!寄付した人たちの名前が書かれているものなんですけどね。


この元旦はとても暖かかったせいか、お参りの人数も例年になく多かったようです。ほかの参拝客もそうつぶやいていたようです。

【安倍晴明神社】
一度鳥居の外に出てから隣接した飛び地に、実は「安倍晴明社」がありました。安倍晴明と言えば、陰陽師で超有名ですよね!実は初めてお参りしました・・・さらっと・・・。京都にも晴明神社があるようですが、こちらが安倍晴明生誕(944年)の地、という位置づけのようです。

安倍晴明と白狐です。今でいえば、天文家で、占い師、母親が、信太のお狐様・葛の葉(葛葉姫)です。
a0268821_09392555.jpg
安倍晴明が没したのが1005年、本人の予言にて1000年後に蘇ると言ったそうで、ちょうど一千年期の祭典で建立されたそうです。そのときは安倍晴明立像のみでした。狐はあとで追加されたようですね。


いずれにしても、古い歴史のある神社です。
でも、こちらのお参りは、ひっそりしていました。



2日、午前中はハルカスへ福袋買いのお付き合い。午後から、【住吉大社】へ・・。
なぜか、ほかの場所の写真をとっていない。親族も含め一同とわさわさ行ったので時間が余裕なし。余りに人が多いので、かなりざっくりとお参りをすませてしまう気の短い父親に合わせて・・・。

その中のお社で、前回もお参りした「種貸社」、商都大阪ならでは・・・
a0268821_09292872.jpg
a0268821_09293385.jpg
ここで、商売の元手(借金と言う意味ではないですよ〜)をお借りして、商売を繁盛させ、儲けてまた次の年には、別のお社へお礼参りするという習慣があるそうです。(父親の受け売り)・・・前回もお参りしたものの、まだお礼参りできていません。

いつか、お礼に来れますように・・・。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2017-01-01 22:01 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)