ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

●北斎 HOKUSAI

ボストン美術館 浮世絵名品展
【北 斎】
●上野・上野の森美術館 ●9/13〜11/9まで

a0268821_21125842.jpg
a0268821_21130182.jpg
今日は、チューリッヒ美術館展に行くか、北斎にするか、なかなか決めかねて、結局、北斎に来たという・・・で、やっぱり、
北斎で良かった〜〜〜!!
なんで、迷ったりしたのか?・・・あれほど、浮世絵スゴい!と言いながら、また浮世絵は飽きるよね〜〜〜なんて、未だに舐めてました、私。まだまだ、わかってなかった〜〜!!(>0<”)

葛飾北斎・・・ほんとに何なんだ?!この人はっ!!??計り知れない!

●下3点は、滝のシリーズ「諸国瀧廻り」左から<和州吉野義経馬洗滝><木曽海道小野ノ瀑布><木曽路ノ奥阿弥陀ノ滝>。
a0268821_21183094.jpg

●これは橋のシリーズ「諸国名橋奇覧」。上<かうつけ佐野ふなはしの古づ>、下<かめいど天神たいこばし>。
・・・かめいどの<い>は旧字のWuiの方(入力がわからない・・・汗;)。
a0268821_21183297.jpg

●左は「百物語」シリーズの<さらやしき>。お菊さん。皿が蛇みたいに表現されているのです。右は「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」シリーズの<武州玉川>
a0268821_21183403.jpg
作品数がとても多くて、充実。どの作品もとても面白くて楽しくて、素晴らしい。色彩といい、構図の奇抜でオシャレなことといったら。ワクワクします。若い頃のも老年期のものも、北斎はほんとに絵が好きだったんだな〜〜とつくづく。もっと長生きしたら、きっともっともっと面白いいろんなアイデアの絵を書き続けたんだろうと思います。

日本の宝なのに、日本にはないと思うと、残念ですが、ボストン美術館が大切に今後も保存してくれるのでしょう。感謝!です。
ああ、北斎って天才なのか?神なのか?現在に生きていたら、どんなアーチストだったのか?
この浮世絵たちが、刷り上がった直後は、どんなに美しいしゃれた作品だったろうか?言葉で表せません。







[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-25 21:09 | エクボの日々 | Trackback | Comments(4)

●久々のお散歩はすっかり秋

柳瀬川回廊は彼岸花が満開。すっかり秋。
a0268821_22324551.jpg
a0268821_22332288.jpg
a0268821_22325712.jpg
a0268821_22324860.jpg
a0268821_22331878.jpg
a0268821_22333062.jpg
コスモスも。背が高く。
a0268821_22375443.jpg

川沿いの別の場所でも、街路樹として?植えられていました。kさんのブログで、コスモスの花の真実を知ったので、今日は興味津々。マジマジとガン見!
a0268821_22424227.jpg
a0268821_22424657.jpg
a0268821_22424942.jpg
花びらと思ってた所が、すべて無くなってるけど、大丈夫!ここがここも「花」ですから。これは、コスモスっていうより別物みたい。不思議な姿。
a0268821_22425267.jpg

キバナコスモス。もしや、これもそうなの?
a0268821_22444832.jpg
a0268821_22445016.jpg


青虫さん。もうマジ食事中。頭突っ込んでの・・・。美味しそうですね。
a0268821_22445347.jpg

コスモスのイメージが180度変わった。ブーゲンビレアの花が、赤い所ではない、小さい白いのが花本体だと知った時より、ショックが大。不思議さ満載。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-22 22:48 | ウォーキング | Trackback | Comments(2)

●我が家の新入りの植物たち

何となく、花が少なくて、殺風景なベランダなので(でも、草ばかりでジャングル状態)ちょっと、花を追加しました。といっても、まだ本格的な秋の花が出ていないので、ちょっと地味なのを買いました。


●カリブラコア・ふわリッチ イエロー
ペチュニアに似ているけど別の種類。ナスカ、カリブラコア属の非耐寒性多年草。過湿条件に強く摘心しなくても株が広がる、開花時期は、3月中旬から晩秋とのことなので、あと少しの楽しみです。
でも寄せ植えにしたのであまり広がらないと思うけど。
a0268821_20553587.jpg
●ヒデンス・イエローキューピット(ウィンターコスモス)
宿恨コスモスです。でもコスモスではなくセンダングサの仲間とのこと。
晩秋から冬に開花(6〜12月とする記載もあり)。キク科センダングサ(ビデンス)属の耐寒性宿根草。草丈が50~100cmにもなるらしいけど(野生化すると巨大化するみたい。普通のコスモスと同じ)、これはまだ30センチくらい。枯らさずに株を大きくできると良いけど。
背が伸びるので、9〜10月に切り戻すと良いそう。来年以降ですね。
日当たりでも半日陰でも育ち、耐寒性がある。水はけがよければ土は選ばず、無肥料でも育つとのこと。でもいままで栽培成功した試し無し。
上のカリブラコアと寄せ植えしようと思って買ったけど、植える場所の関係で、別のものと寄せ植え検討中。
(別の記事では、耐暑性あり。耐寒性・耐陰性は中くらい。生育旺盛)
a0268821_20554158.jpg
●リッピア・スイートメキシカンハーブ
葉っぱを触ったら、良い香りがしたので、育て方調べる前にうっかり購入。カリブラコアとの寄せ植えにしました。
小さい地味な花が、センニチコウや野いちごみたいで可愛い。でもスゴい繁殖力で、地植えだと他を駆逐するらしい。
水は控えめに。寒さに弱く暑さに強い。霜に当たると地上部が枯れるが、春にまた芽吹く。日当りと、乾燥気味を好む。
葉っぱが砂糖の1000倍の甘さ。ステビアより4倍も甘いらしい。若葉を乾燥させて煮詰めるとよく、ノンカロリーなんだそうだ。繁殖したら試してみよう。
a0268821_20554770.jpg
a0268821_20554961.jpg

●ヘリクリサムライムミニ(ミニヘアリクリサム・プレコスタキス)
キク科半耐寒性常緑低木。・・・低木なの? 乾燥気味で良い。
草丈10〜20センチ。耐寒性・半耐寒性。花期5〜6月(小さくて鑑賞価値無しらしい)。高温多湿と多肥が苦手。何かの根元に寄せ植えしようと思ってますが、迷い中。
a0268821_20555337.jpg

最後に、アボカドの様子。
a0268821_22201791.jpg

[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-22 22:18 | 我が家の植物たち | Trackback | Comments(0)

●いわさきちひろ×佐藤 卓=展

はじめてみる、ちひろの世界
【いわさきちひろ×佐藤 卓=展】
●ちひろ美術館・東京(上井草) ●8/6〜11/3まで 

a0268821_19241853.jpg
2度目の来館。静かな住宅地の中にひっそりとある小さな美術館ですが、ちょっと不便な所にあるのが難点。
a0268821_19243614.jpg

今回はグラフィックデザイナーの佐藤 卓(さとうたく)さんがプロデュース。しかも、この人が公益財団法人いわさきちひろ記念事業団理事です。
佐藤さんは、有名なデザイナーです。「ロッテ キシリトールガム」「明治 おいしい牛乳」「ヱスビー食品 スパイス&ハーブシリーズ」の商業デザイン、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のアートデレクション、「デザインあ」の総合指導や美術館博物館などのシンボルマークなど手がけている方です。
a0268821_19372135.jpg
a0268821_19374818.jpg

別の部屋には、壁面はちひろの作品とのコラボ。天井は、ちひろの絵の「線」を生かして構成したバナー。
a0268821_19394084.jpg
a0268821_19395680.jpg
a0268821_19400621.jpg
a0268821_19401751.jpg
a0268821_19402011.jpg
a0268821_19400847.jpg
ちひろさんの鉛筆の線は、スゴい!子どもたちや風景も柔らかく生き生きしてる。個人的には、特に好きな作家ではないけれど、素晴らしい絵は、やはり素晴らしいのですよね。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-21 19:58 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●コケジョ

山ガールとか、歴女とか・・・いろんな種類に分類される女子たちが増殖している昨今。「苔女(こけじょ)」なんていかがでしょう?・・・苔ガールではありません。・・・というか、私の場合は、苔むす年頃というか、ね。

ずっと気になってた、デュランタ・ライムの根元。根が一杯でいつも乾燥気味になってる(大きい鉢に植え替えれば良いんだろうけど)ので、根元を隠したいと思っていましたが、やっと苔を購入して置いてみました。這苔(ハイゴケ)です。なかなか、いいんじゃないでしょうか?
a0268821_20050404.jpg
苔にもいろいろあるんですね。花を買いにいって、ついつい根元に苔を載せているものが気になります。おまけみたいな感じ。わざわざ別売りの苔を買うよりも、おまけとしてくっついているのを買った方がお得!!・・・なんてね。


多肉たち
「名月」が紅葉しています。
a0268821_20103149.jpg

小さい入れ物の中で、モッサモサになってきました。
a0268821_20200714.jpg

セダム・レフレクサム。ちょっと間延びしてます。でも成長が早い。夏に白い花が咲くらしいけど。まだまだ先ですね。
a0268821_20225694.jpg

●真ん中の赤いのは、セダム ドラゴンズ・ブラッド(あるいはブードゥー)(新芽と秋は紅葉する。花がピンク)だと思うんですが、色がちょっと良くないので違うかな?
a0268821_20253622.jpg

●上の赤いのに似ているけど、違う種類と思われ・・・ステファニー・ゴールドかな?。
a0268821_20280778.jpg

マルバマンネングサ。これも夏に黄色い花が咲くようです。増やさなくちゃ!
a0268821_20321140.jpg

●これは、斑入りマンネングサかな?
a0268821_20321377.jpg

●これはなんなのか?たぶん、若緑。そのまんまな名前だわ〜〜〜。
a0268821_20321695.jpg
どれも、ぐいぐい伸びたり増えたりしそうなので、来年はもっと大きな器に植え替えましょう。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-21 19:00 | 我が家の植物たち | Trackback | Comments(0)

●新旧の植物たちとアボカド近況

ピンボケですが、早朝のアボカドです。順調に育っています。冬になるまでにもう少し大きくなってくれると良いですが・・・。
a0268821_21073798.jpg
オキザリスがそろそろと芽を出し始めました。無造作にちっちゃい球根をばらまいてあるんですが、ちゃんと出てくれました。どのくらい花が咲いてくれるか、楽しみです。
a0268821_21095323.jpg

ルブス・サンシャインスプレンダー。明るい黄緑のおかげで、明るく見えます。隣のペンタスはあまり調子が良くないのか、若葉のせいか、深緑から明るい黄緑の葉になっています。花も元気がありません。
a0268821_21114939.jpg
エンジェルレース(アルテルナンテラ・セッシリスアルバ)はとても元気で、すくすく伸びてますが、葉が白くならない。何が足りないのだろう??
a0268821_21115270.jpg

渋谷園芸店で先日購入した、ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストずっと買うのを迷ってましたが、とりあえず買ってしまいました。寄せ植え検討中。
a0268821_21192602.jpg

同じく新しく購入したサザンクロス・ピンク。星形の花が可愛い。ミカン科なので、葉をもむと、微かに柑橘系の香りがする(らしい)。
a0268821_21213567.jpg
a0268821_21214810.jpg
a0268821_21215184.jpg
根元にこの苔がついてる鉢を買ってお得感!モフモフ〜!
a0268821_21215394.jpg
ブーゲンビレアが第2弾の開花の準備を始めています。アリッサムたちも蕾みが大きくなり始めています。シレネがあんまり元気がないみたいで、シナシナ・・・。

先日、ベロニカに、カイガラムシが大発生しているのを発見してびっくり!!!初めて観たけど白くて大きくて、ほんと貝殻みたいで、気持ち悪い〜〜!!殺虫剤を蒔いたけど、今日、また発見。再度、殺虫剤を蒔きました。根絶できるのかしら?いやだな・・・。気持ち悪い。
センニチコウも一旦、花が枯れた風なので、切り戻し。この秋の間に、もうひと咲きするかしら?苞がこぼれたら、そこに種が包まれていました。






[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-19 21:44 | 我が家の植物たち | Trackback | Comments(4)

●女王と女神

メトロポリタン美術館
【古代エジプト展 女王と女神】
●上野・東京都美術館 ●7/19〜9/23まで

a0268821_19552100.jpg
遅くなりましたが、古代エジプト展「女王と女神」を観に行って来ました。

正直言えば、ちょっと期待はずれでした。小物ばかり。でも、それなりに面白かったです。やはりエジプトの美術品は精度が高い。技術的に素晴らしい!

今回は、女王と女神ということで「女性」だけ。装飾品や化粧道具だったりとか。
美しい女性たちばかりです。ギリシャやローマの女性像はモデルが基本的に男性なので、美しくともゴツさがつきまといますが、エジプトの女性像は、スタイルや表情も本当に女性らしい美しさを完全に表現しています。

チラシに印刷されている「ハトシェプスト女王像の頭部」はかなり大きい作品。この写真みたときに、雅子妃に似てるな〜と思いながら観て来ました。ファラオになって唯一成功した女王だということ。凛とした知的な美女という感じです。
a0268821_19552802.jpg
絵はがきの右上の2神像。女神と男神<イシス女神とアシュートのウプウアウト神の像>では、はっきりと体形に差があり、柳腰のほっそりした女性というのが、エジプトの女性の特徴みたいです。(太った女性像とか、筋肉質の女性像は観たこと無い)
左下のはがきは<セクメト女神像>。ライオンの頭ですが、身体はやはりほっそりとした女性的な体形です。

ところで、今回、立像を観ていて初めて気がついたんですが、エジプトの立像の足。必ず左足が前に出ているんですよね。独特な立ち姿ではないでしょうか?左足が前になることに何か意味があるのかな?? 動物や平面イラストも同じく左足が前に出ています。

a0268821_19552312.jpg
左上の絵はがきの女性は、ツタンカーメン王の母”キヤ清めの儀式を受けるキヤのレリーフ>。ほっそり面長の若い女性のようです。別の立体造形を観ても面長で、目元の美しい女性の様でした。正式な女王ではなく、後宮の女性たちの1人だったようですが、ツタンカーメンを生んで地位が上がった女性のようです。・・・初めて知りました!

右下は<二つのガゼルの頭がついた冠>。儀式のときに女性たちがつけるもの。金で出来ていて花模様と精巧なガゼルが美しい。

エジプトの造形師というか技術者あるいはアーチストは、とても人物も小さくてもとてもリアルに精密に作っていますが、それ以上に動物の表現がほんとに凄い!!とてもリアルで生き生きとしている。バランスが良くて美しい。見とれてしまいます。

今回、エジプトの絵文字(?)で、わかったのは、人名は楕円に囲まれて書かれているらしい、ということでした。・・・多分。それがわかると誰のことが書いてるか、わかるみたいな・・・。でも他の言葉がわからないけど、面白いですね。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-19 21:04 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●リサ・ラーソン展

北欧の豊かな時間
【リサ・ラーソン展】
松屋銀座8階 ●9/11〜23まで

a0268821_00081058.jpg
有名な、このライオンの置物陶芸。可愛いですね〜〜。
北欧ブームの一端を担う、リサ・ラーソンさんの作品と北欧の他の陶芸作家の作品展。点数は少なかったけど、素敵な作品ばかり。ウキウキしてしまいます。

プロダクト商品としてのものと、ユニーク・パーツ(1点もの)としての作品と。
a0268821_00081426.jpg
土は楽しいですね〜〜〜。陶芸で人形創りしたくなってしまいました。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-12 23:15 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●うどんげの花

久々の快晴。暑い日でした。久々の朝散歩も暑い暑いと汗をかきながらのジョグとウォークでした。

ランタナは丸くなって、すっごく良い香りがします。夜や明け方にベランダに出て、スーハスーハしてしまいます。風が吹いていない日だと、花の周りに香りが溜まって濃厚な状態。以前育ててた時は、気がつかなかったな〜?違う種類だったのかしら?葉っぱの柑橘系の匂いのことだけしか気がつかなかった。でも嬉しい!
a0268821_22430762.jpg


アボカド、大きくなって来ましたよ。新しい芽が枝となって伸びつつあります。枝が赤みがかって来ました。
a0268821_22482421.jpg
a0268821_22482983.jpg
ハンギング鉢を手に持って撮影してましたが、ふと見ると、変なものが付いているのを発見!・・・なんだこれ?・・・なんか見たことある。なんだっけ〜?
a0268821_22512978.jpg
a0268821_22512407.jpg
調べたら、たぶん、優曇華(うどんげ)の花?!
カゲロウの卵ではないでしょうか?・・・ネットで調べてみると「クサカゲロウ」みたい(うどんげの花と呼ぶのは、カゲロウの幼虫がでたあとの白い抜け殻のことらしい)。
ところが、関東では、凶事の前触れとか?・・・え〜〜〜〜っ!そんなの聞いたこと無い〜〜!怖い!(怖い・・・と思ったことが、この後にも・・・)でも、ごくごく一部の地域によっては吉兆と言われるらしいから、そっちを受け入れよう〜!
だって・・・クサカゲロウの幼虫はアブラムシを食べてくれる益虫らしい!!

本来、「優曇華の花」とは(インドの想像上の花)三千年に1度の開花で、花が咲いた時はとても良いことがある(そのときに「金輪王」や「如来」が出現するという)→「滅多に無い吉祥」という意味で言われてたようです。・・・虫と花で正反対って。


さてさて、再び、赤葉センニチコウ。白い苞にやはり黄色い花です。
a0268821_23572769.jpg
a0268821_23572557.jpg
テーブルサイズではないテーブルヤシの勢い。年中無休で若葉を伸ばしてます。
a0268821_23585192.jpg
どこまで、大きくなる気なの?





[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-12 23:01 | 我が家の植物たち | Trackback | Comments(2)

●朝散歩と秋の気配

先週のお休み。ですが書いてるのは敬老の日です。


柳瀬川沿いの桜並木。日だまりと木漏れ日。
a0268821_12143525.jpg
彼岸花はまだ、まだら・・・
a0268821_12155358.jpg
a0268821_12155878.jpg


対岸の所沢側は黄色い花。
a0268821_12161410.jpg

対岸の黄色い花は、これみたいです。
a0268821_12171347.jpg
a0268821_12195418.jpg
カタバミもこんなにこんもり生えてると可愛い!
a0268821_12195691.jpg

金山緑地公園の萩。
a0268821_12220852.jpg
a0268821_12221142.jpg

コサギと思われるのが魚とり!!パクッと咥えて、上手いっ!
でも、私の写真が、下手っっっっ!!
a0268821_12241976.jpg

今日は水が澄んでるな〜〜と思って歩いていたら、突然、北側から濁り水!!10時前くらいですが・・・
a0268821_12255646.jpg
a0268821_12255835.jpg
釣りをしていた太公望たちも慌ててましたよ。
いったい何があったのか?? ちょっと怖かったです。何があったかもわからないから。上流で大雨でもあったのかしら??

[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-09-12 22:12 | ウォーキング | Trackback | Comments(0)