ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

カテゴリ:エクボの日々( 207 )

●ベランダにヒヨドリ

朝から、ピーピーとうるさいな〜〜〜!と思って、ふとベランダを見ると、ちょっと大きめだけど、鳩じゃない鳥が数羽。

止まったり飛んで行ったり、忙しい。
a0268821_19242816.jpg
ベランダの糞が、ずっと鳩のものかと思ってたんだけど、もしかしたら、ヒヨドリたちか!?そう言えば、少し離れた近くの木には、沢山の鳥が屯っている樹がある。オナガだったり、ヒヨドリ、ムクドリだったり、いろいろだけど。

今日は久々に暖かかった。ふと気がつくと、日が長くなって、日没がゆっくりになってることに気がついたのでした。

明日からまた少し寒の戻りらしい。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-01-28 19:28 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●人生初の本格的雪かき

今季初の大雪!です。昨夜の雨から一気に一晩で降り積もり、都心で5〜6センチ、我が家の近辺では、15〜20センチくらいにはなったと思うけど、朝には雨に変わり、通学時間帯にはかなり雪も融け始めていました。
a0268821_21492953.jpg
a0268821_21493280.jpg
とは言え、久々の大雪です。夜中には風も強かったらしく、雪の重みで枝が折れているという事態に・・・。
a0268821_21493483.jpg

さて、今年こそは!!!と買いに行ったのは、雪かき用のスコップ。ちょっとワクワクしてしまった私でしたが・・・柄の短いのを買ってしまったのが失敗だったか・・・?
a0268821_21493691.jpg
張り切ってガシガシ雪かき、2時間半。厚着してたら、大汗かいて、気がつけば全身筋肉痛。10キロのジョギングよりも身体にこたえました〜〜!!腰と背中が痛い!柄が短いため、ずっと中腰で、エイヤ!エイヤ!と近所中を雪かきしまくったので・・・。

夕方まで頑張って、もう脱力・・・ヘトヘト。ストレッチしてもまだあちこち痛いです。明日が怖い・・・・・・。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-01-18 22:00 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●工事前の金山緑地公園

1/12から、有料化に向けて工事に入る金山緑地公園。有料になったらもう入ることはないと思うので、最後の撮影です。奥の方も閉じられるのかな?
a0268821_19423672.jpg
a0268821_19423959.jpg

a0268821_19424221.jpg

a0268821_19424791.jpg

ホタルの育成中。
a0268821_19434590.jpg

水仙もかなり咲いてました。良い香り。
a0268821_19443594.jpg
a0268821_19443806.jpg
a0268821_19444280.jpg
a0268821_19444578.jpg

赤い実はなんだろう?
a0268821_19455864.jpg
a0268821_19460026.jpg
a0268821_19460388.jpg


東京の梅の開花が例年より2週間早いと言うことでしたが、柳瀬川沿いではもっと早くに咲いていました。
a0268821_19474267.jpg
a0268821_19474561.jpg


[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-01-08 20:39 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●やっと本格的な冬到来なのかな

ずーーっと、暖かい日が続いていましたが、今朝はちょっと寒さ復活。最高気温13度予想だったけど、どうだったのかな?明日は最高気温の予想11度とか・・・めちゃ寒い。

今朝7時頃目が覚めたら、外の樹が、オレンジ色に輝いてました。朝日が昇って来たところ・・・。
a0268821_17555132.jpg
a0268821_17555445.jpg
でも、空はどんより雲が全体を覆ています。
a0268821_17562363.jpg
あっちに朝日が昇って来ていますが。
a0268821_17563396.jpg

富士山も頭が隠れています。
a0268821_17563640.jpg



かなり急速に赤くなった赤葉センニチコウ。
昨日の朝はこれよりももっと真っ赤な朝日が出ていましたよ。

a0268821_18002784.jpg


夢叶う棒は、そろそろ休眠、水切りのシーズンかな? 
a0268821_18003003.jpg



[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-12-17 18:04 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●金山緑地公園の紅葉

曇り空でどんよりしてる中、ジョギングで、金山緑地公園へ。年明けには工事のための閉鎖になるので、見納めと思って、ちょっと写真を撮っておきました。


公園内から、金山橋を見たところ。

a0268821_19000332.jpg

三春の滝桜・・・もう観に来ることないかもね。
a0268821_19020682.jpg
a0268821_19020909.jpg

紅葉はゆっくり・・・
a0268821_19072062.jpg
a0268821_19072373.jpg
a0268821_19072637.jpg
a0268821_19072835.jpg
a0268821_19073137.jpg
a0268821_19073325.jpg



[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-12-03 19:09 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●村上隆の五百羅漢図展

【村上隆の五百羅漢図展】
●六本木・森美術館  ●2015年10月31日〜2016年3月6日まで

a0268821_17143726.jpg
もともと余り好きじゃないな〜〜という感じでした。なんとなく、合わないな〜〜と勝手に。キモカワ系キャラクター現代絵画カイカイキキシリーズが、好きじゃないんです。でも色彩はカラフルで、日本の文化としての漫画やアニメを下地にしているというのは興味深いアーチストです。さらに、美術と経営(経済)について堂々言及しているのが、今風だなと思っています。

今回の五百羅漢図は全長100mと言うことで、200人に及ぶ全国の美大生をスタッフとして短期間で一気に仕上げた作品とのこと(制作の企画は何年も前から進んでいたようで、面白いのは、ラフスケッチ、シルクスクリーン印刷用の指示出しの束と膨大な資料!)。宗教と芸術、人間の死や限界をテーマとしているとのこと。また、そもそもの制作は、2011年の東日本大震災後、早く支援の手を差し伸べてくれた「カタール国」への感謝の意を込めて震災の翌年2012年に首都ドーハで発表されたとのことですよ。

今回の特長は全作品、撮影可!

ということで、
a0268821_17493770.jpg
a0268821_17464236.jpg
a0268821_17493228.jpg

a0268821_17494251.jpg
a0268821_17494536.jpg
立体・・・五百羅漢とは別物作品。
a0268821_17515039.jpg
a0268821_17520037.jpg
a0268821_17520208.jpg


a0268821_17531630.jpg
a0268821_17531980.jpg
a0268821_17532142.jpg
a0268821_17532417.jpg
a0268821_17532675.jpg


●絵はがき・・・
a0268821_17541327.jpg
左上は、若冲のクジラの絵をモチーフに、正面向きのクジラ、
右上は、手塚治虫氏にインスパイアされて、火の鳥をモチーフに
下は、虎・・・は、何だったか?狩野派の虎だったかな??


日本画で初の博士号を取った人だったとは知らなかったんですけど、そう思って観ると、また別の興味が湧いて、ほぼ同年代なので、さらにこの先も観てみたいと思いました。

巨大な原画は、やはりとてもエネルギーを感じて、予想外に良かった!


【追記】
五百羅漢関連の展示として、現在<増上寺>宝物展示室にて・・・
『生誕200年記念 狩野一信の五百羅漢図展』開催中!
●前期:10/7〜12/27 後期:2016/1/1〜3/13まで

この中から数点、今回の村上隆の展示でも展示中。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-11-19 18:03 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●始皇帝と大兵馬俑

特別展 始皇帝と大兵馬俑】
●上野・東京国立博物館 平成館 ●2015/10/27〜2016/2/21
a0268821_20374138.jpg
上野も少し色づいて来ましたね。暗くてあまり良く写ってない。
寒いけど、行って来ました。ちょっと期待しすぎた・・・大兵馬俑・・・。ずいぶん昔、1度来たことがあったと思うけど、そのときは行き損ねたので、今回リベンジ!


寒かったせいか思ったより混んでなかった。あまり人気ないのかな?



a0268821_20374438.jpg
a0268821_20372109.jpg
a0268821_20372735.jpg

ちょっと思ったより、展示点数が少なく感じて・・・実際はそんなことないけど、パッと目を惹くものがあまりなかったので、さらっと見てしまいました。

パンフにある兵馬俑も、本物が少なく、複製品が同じ顔ばかりでつまらなかったのですよ。(下の写真は、記念撮影コーナーですが、この一軍の顔の複製ばっかり)
a0268821_20372904.jpg
とはいえ、いくつかの本物と、CGによるカラー再現(作られた当時は、フルカラーの陶作りだったそうです)を見ると、すごいです(もちろん、正直には日本の仏像の方が何倍も凄いと思いましたが)。8000体の陶の兵士たちが、みんな実在の兵士のダミーってことで、そう言う意味でのリアリティーが凄いと思いました。作った人が凄い!!



■絵ハガキ■・・・・
a0268821_20373263.jpg

左:跪射俑 秦時代・前3世紀 
上:玉剣・金剣鞘 春秋時代・前8〜7世紀 ・・・これは美しい!
右下:1号銅車馬 秦時代・前3世紀(展示は複製。実際の馬車や人の2分の1サイズで作られている)

小さな兵馬俑もありました。陶鈴というおもちゃも有りました。


ところで、実にがっかりしたのが、始皇帝が中国を平定した後、各地域を管理するにあたって、紙がなかった時代、竹に文言を書いて各地域に送ったというような、ちょっとした展示のところ、サンプルの竹に、博物館員の人が手描きの説明(ここに文章を書いた・・・みたいな)の文字が、あまりに下手すぎて、安っぽい展示になってしまったこと。重要でないせいか、パンフにも載ってないけども)

8Kスーパーハイビジョンで、兵馬俑の映像が見れるっていうことで、見たんですが、何のことはない、NHKの宣伝でした。バカバカしい。10分ほどで兵馬俑の全容を映して終わり。


ちょっとガックリでしたが、でも、まあいいですね。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-11-13 21:20 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)

●ニキ・ド・サンファル展

【ニキ・ド・サンファル展】
六本木・乃木坂 新国立美術館  ●2015・9/18〜12/14


a0268821_21314670.jpg
デブっちょのカラフルな女性像を造る作家・・・という認識でしかなかったです。ニキは、かなり美人のアーチストでした。

a0268821_21314861.jpg
★↑パンフから・・・★

ところが、初期の頃のアートには、驚愕!全くイメージと違い、腰が引けました。

様々なオブジェを石膏で固めた作品群や「射撃絵画」のパフォーマンスなど、全く私には受け入れがたいタイプの芸術でした。見た目が気持ち悪いと言うか・・・。私にはアーチストの主義主張や思想って、あまり興味がないんです。彼女の心の傷にも。

その後、女性と言うもの女性の生き方的なことに強く関心を持ち始めてからの作品が、私の知ってるニキの作品でありイメージ。それが<ナナ>シリーズです。その他、男女の関係性を表現したカップルのシリーズ。カラフルなふくよかな巨大な彫刻。

<タロットガーデン>の建設にも着手。ガウディの「グエル公園」や、郵便配達夫が手作りで作った「シュバルの理想宮」に影響受けた彫刻満載の公園。

a0268821_21562962.jpg
★↑撮影スポット「ブッダ」★


●絵はがき・・・
a0268821_21575762.jpg
    ↑<タロットガーデン>シリーズのスケッチ。左:法皇 右:魔術師

a0268821_21593193.jpg
   ↑左:怪物の心  右:逆立ちするナナ


作品群の中に「絵手紙」シリーズがありました。日本のコレクター・日本人女性の増田静江さんとのやり取りの絵手紙がとても良かったです。一番、ニキらしい気がしました!


ナナシリーズは、妊娠した女友達にインスピレーションを得たとありますが、自由で伸びやかな動きとか色彩は、見ていると元気な力が湧く・・・ような気がしていました。しかしそれ以前のナナの過去を知ることで、違ったイメージも持ってしまいました。




[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-10-16 21:57 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●この実何の実?気になる実

いつもの散歩に出かける途中、近所の植栽の雑草の中に混じって、大きな黄緑色の実が沢山ぶら下がっているのを発見! いったい何の実なのか??さっぱり分かりません。6〜7センチはありなんとなく柔らかいイメージ。
a0268821_21323991.jpg
a0268821_21324497.jpg
どなたか知ってる人いないかな〜〜??・・・・・・・
★おお!分かったみたい!・・・ククミス・ディスケウス(ククミス・ディプサケウス)。観賞用でアフリカ産のウリ科の仲間みたいです。知人が調べてくれました!

気になる・・・っていえば、ベランダにこんな派手なカメムシ(キマダラカメムシみたいです)がいました。ネットで調べると南方系のカメムシとのことで、温暖化で北上してるということですが。外来種で帰化昆虫となったようです。
a0268821_21360553.jpg

さらに気になったのが、花屋で飛び回っていたツマグロヒョウモン。
a0268821_21452963.jpg
羽の先の黒いのがメス。・・・とここで、今、私は気がついたのですが、この蝶の名前って、もしかして、妻黒豹紋??

a0268821_21453252.jpg
こっちがオスらしいです。

a0268821_21453629.jpg
そしてオスがメスに、必死にアプローチを繰り返していたんですが、振られたようです。頑張れ!!





[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-09-28 21:31 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●クレオパトラとエジプトの王妃展

【クレオパトラとエジプトの王妃展】
●上野・東京国立博物館 平成館  ●2015年7月11日〜9月27日まで

a0268821_20173141.jpg
しばらくぶりの美術館。どこに行くか迷ったんですが、絵画ではないものを、と言うことで、これにしました。

一番有名なクレオパトラ(クレオパトラ7世)と、他3人の王妃。ネフェルトイティ(ネフェルティティ)=アメンヘテプ4世の王妃。「美しい人が来た」という意味の名前、古代エジプトを代表する美女だったそうな。しかし、レリーフを見ると、尖った顔立ちでキツい顔立ち。王妃の頭部とする立体造形ではかなり美女に見えます。レリーフの方が近いんではないかと言う気がしました。ハトシェプスト=王を象徴する頭巾と髭をつけた男装の姿で表された女王。ふっくらした顔立ち。ティイ=アメンヘテプ3世の正妃。


装飾品を見ていて、エジプトの王妃たちは、かなり小柄なのか、少女なのか、ものすごい手首や指が細い!!とビックリ。


●絵はがき・・・
a0268821_20173532.jpg
左:<王妃の頭部>・・・ネフェルトイティの頭部です。
中:<アメンヘテプ3世の正妃ティイのレリーフ>
右:<クレオパトラ>・・・ギリシア彫刻の特徴を持った彫像。ちょっと、イメージが違いますね。


ちょっとモノ足りない感じの展示でしたが、やはりほとんどが紀元前の作品かと思うと、エジプトの文化文明に、驚くばかりです。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-09-28 20:14 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)