ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

カテゴリ:エクボの日々( 207 )

●興味津々!ピクサー展

スタジオ設立30周年記念
【ピクサー展】
●清澄白河 東京都現代美術館 ●2016年/3/5〜5/29まで
a0268821_23221207.jpg
もう、楽しみでしょうがなかった、ピクサー展です。ワクワクしますね〜〜〜。映画はほとんど見ていないんだけど・・・。

どうやって、あの緻密なCGアニメを制作しているのか、制作のノウハウから裏側の手作業の一部始終が、すべてすべて見られると言う。500点近くのアートワークと制作者のインタビューが沢山、見られる、ほんとに貴重な展覧会でした。面白かった〜〜〜! 

しかし、内容が濃すぎて、ショートアニメとインタビュービデオ、アートスケープ・インスタレーションだけでも勇に2時間。制作物も含めて、すべて観尽くそうとしたら、3時間かかった!足腰限界だった〜〜〜!

一番心を奪われたのは、どんなCGもその作る前の、沢山のハンドワーク、手作業の数々!!アナログ作業の積み重ねが、素晴らしいデジタルの作品を生み出しているんだということ。平面も立体も。


奇しくも先ほどラジオから、(ロビと言うロボットを作った)ロボット・クリエーター、高橋智隆氏のインタビューで、大事なのは身体。持つ、触れると言う身体感覚、、、というようなことを言っていたのですが、高橋氏はロボットを作るときに、自分の手で、部品を試すがめつ眺めたり触ったりすることよってアイデアを生み出すというようなことを言っていた(と思うんだけど・・・)。

アナログ的な感覚、こそが実はデジタルの基本なのだな〜〜〜。と思うと、デジタル作品が凄く暖かみを感じる。



1本のCGアニメを作るのに、色んな役割の人たちがいて、ものすごい量の絵が描かれ、立体彫刻(ウレタン樹脂鋳造)が作られる。手描きアニメもきっとそう言う作業があるんでしょうが。ピクサーとにかく凄い!(他のアニメスタジオは知らないけど、ジブリの作業実態すら知らない)


■絵はがき■
a0268821_23300520.jpg
途中にあった、「トイ・ストーリー ゾートロープ」が面白かったわ〜〜!立体イラストが、グルグル回って、ストロボライトを照射すると、アニメーションに見えるもの。おもしろーい!何度も見てしまいそう!


長編アニメ(や映画)の作られるときには、ストーリー、キャラクター、世界観、その詳細な風景、色彩構成・・そのなかにまた何段階にも分かれた行程があるんですね。アイデアスケッチ、ストーリーボード、カラースクリプト(=1枚の絵で映画全体を表すもの・・・初めて聞いた言葉。これは面白かった!!)が、鉛筆、カラーペン、パステル、絵の具、デジタルペインティングなど色んな手法で描かれ、キャラクターにおいては、クリエイターがイメージを共有できるように、立体にしたものを彫刻(塑像、フィギュア化)して作っているという、その作品も素晴らしい。

手を動かして、描いて描いて描きまくる(もちろん、ピクサーでなく、漫画家やクリエイター、アーチストと言われる人たちは皆んな)。もちろん、潤沢な資金と時間があればこそ出来ると言うのもあるけど、手で描いたり創ったりした作品を見るとうずうずする・・・。デジタル化する技術も凄かったけど、アナログ作業の「作品」は見飽きないし胸を打ちます。


すごかった〜〜!







[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-04-08 23:05 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●桜はもはや・・・

雨など降れば、あっという間の桜じゅうたん。春雨のあと・・・。柳瀬川回廊。
a0268821_00212360.jpg
a0268821_00212557.jpg
a0268821_00220211.jpg
a0268821_00213379.jpg
a0268821_00213737.jpg
a0268821_00214230.jpg
a0268821_00215168.jpg

雪かと思うような桜の中に濃いピンク。
a0268821_00224470.jpg


こちらはモミジの新緑。早いな〜〜すでに初夏の気配を感じる。
a0268821_00224235.jpg
あ〜〜、春はあっという間に行ってしまうのか?



[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-04-08 22:30 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●東京駅とKITTE

久々に東京駅を見に行きました。
その隣の郵便局のある所に出来ている商業施設「KITTE」も覗いて来ました。

【東京駅】
a0268821_23314703.jpg

KITTEから見下ろしてみた。
a0268821_23334481.jpg
a0268821_23335098.jpg

a0268821_23341214.jpg
a0268821_23341535.jpg


駅前はまだ工事中・・・
a0268821_23342392.jpg
【KITTE】
肝心のKITTEの玄関の写真を削除してしまって、、ない!

もともと郵便局の建物があった場所だった。昔の郵便局長室を展望室として残していたけど、そのころの写真程度しかなくて、残念。



a0268821_23403238.jpg
中は最近流行なのか、吹き抜け(表参道ヒルズもそうだった・・・)。店舗は回廊式に並んでいます。

a0268821_23404257.jpg


2Fに美術館と言うか・・・「インターメディアテク」という無料のミュージアムがあるようなのです。この日は残念ながら(月曜日)休館日でした。結構面白いらしいです。また機会があったら・・・・。
a0268821_23424158.jpg

カフェ併設の本屋&雑貨屋さん。
a0268821_23472151.jpg
a0268821_23472497.jpg
他のお店もちょっと面白そうだったけど、写真が撮れないので、ざっと見流し。


6Fの屋上・・・KITTE GARDEN・・・あまり愛想がなくて寂しい。
a0268821_23492228.jpg
a0268821_23492053.jpg

ゆったりしていて、大丸デパートのごちゃごちゃとは、ずいぶん違う。地下鉄丸ノ内線からだと地下からそのまま、改札から3分ぐらいで便利です。

東京駅の地下街の大幅なリニューアルと合わせてまだまだ、進化する東京駅周辺と言う所でしょうか。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-04-04 23:27 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●久々の朝ジョグしつつの花見…柳瀬川回廊の花々

久々に外の植物を眺めた感じです。
a0268821_19264702.jpg
a0268821_19265072.jpg


a0268821_19265425.jpg

a0268821_19273063.jpg
a0268821_19273352.jpg
a0268821_19273720.jpg

金山緑地公園前の駐車場の脇のレンギョウ
a0268821_19285659.jpg
a0268821_19285957.jpg
a0268821_19290250.jpg

久々に公園。ジョグをやめてお散歩に切り替えます。



[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-04-01 19:30 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●久々の朝ジョグしつつの花見…きよせさくらまつり

柳瀬川回廊はもう桜が満開でした。花見客も朝から沢山!!

a0268821_19152616.jpg

a0268821_19150968.jpg

a0268821_19154408.jpg
a0268821_19161051.jpg
a0268821_19161347.jpg
a0268821_19175303.jpg
a0268821_19182153.jpg
準備万端ですね。ちょうど明日明後日が土日とは!!


a0268821_19190656.jpg

a0268821_19195055.jpg
a0268821_19195787.jpg
a0268821_19200015.jpg
a0268821_19201321.jpg

a0268821_19203240.jpg
a0268821_19204335.jpg
a0268821_19204600.jpg

う〜〜ん。花曇りだったけど、良かったわ〜〜!



[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-04-01 19:23 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●久々の朝ジョグしつつの花見…花桃

今年はお尻が重く、花を観に出かけるのも面倒で、ついに4月、いつのまにか桜が満開とかいう・・・春終わっちゃう〜〜!

ほぼ2ヶ月ぶりのジョギングがてらに花見にでかけました。


花桃 満開!!
a0268821_19082726.jpg
a0268821_19083508.jpg
a0268821_19084881.jpg
a0268821_19085072.jpg
a0268821_19090150.jpg
a0268821_19090537.jpg

濃いピンクが鮮やかでした。


[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-04-01 19:12 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●宮川香山展

没後100年宮川香山】
●六本木・サントリー美術館 ●2/24〜4/17まで
a0268821_22035137.jpg
全く聞いたことも観たこともない・・・宮川香山て、誰??・・・という感じで観に行きました。世界に冠たる陶芸の名手(1842〜1916年)ということです。
明治3年に京都から横浜に移って、輸出用の陶磁器の制作をしたのだそうで・・・香山の「眞葛焼(まくずやき)」

こんなの見たことないよ〜〜!陶器の表面にリアルな浮き彫り、造形。「高浮彫(たかうきぼり)」その技術の精巧さ、生き生きとした鳥やら蟹やら植物やらが、デコラティブなリアリティでグイグイと迫って来ます。凄いよ〜〜これは!!!明治の人ってどこまで凄いの!?


撮影OKのコーナーで撮った作品。
a0268821_22112637.jpg
a0268821_22113420.jpg
a0268821_22113775.jpg
a0268821_22114074.jpg
ワクワクするわ〜〜〜〜!これ!! 入口にはいきなり、超精巧な立体の蟹が〜〜〜!驚くよ〜〜〜!チラシの猫ちゃんは意外に小さくて可愛いのだ!蛙だとか、鷹に雀、ウズラ・・・なんなの?この表現の技術!

ほとんど海外にあるものを、約50年かけて集めて研究した田邊 哲人氏のコレクションからの展示。

青磁の美しい壷だとか・・・うっとり〜〜〜!

サントリー美術館、ほんといい仕事しますわ!





[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-03-28 21:55 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●俺たちの国芳 わたしの国貞

ボストン美術館所蔵
【俺たちの国芳 わたしの国貞】
●渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム ●3/19〜6/5まで

a0268821_20484032.jpg
a0268821_20490278.jpg
幕末に活躍した二人の天才浮世絵師、歌川国芳(1797〜1861)と歌川国貞(1786〜1864)・・・兄弟弟子だけど、作風が全く違う。国芳は豪快な役者絵と大胆な構図の絵、国貞は粋な美人画や光りアニー輝く役者絵で一世風靡したのだそうです。


■今回の会場の構成というか、タイトルが面白かったんです。

<一幕目の一>…髑髏彫物伊達男(スカル&タトゥー・クールガイ)
<一幕目の二>…物怪退治英雄譚(モンスターハンター&ヒーロー)
<一幕目の三>…畏怖大海原(ホラー・オブ・ウォーター)
<一幕目の四>…異世界魑魅魍魎(ゴースト&ファントム)
<一幕目の五>…天下無双武者絵(サムライウォリアー)

<二幕目の一>…三角関係世話物(トライアングル・オブ・ラブ)
<二幕目の二>…千両役者揃続絵(カブキスター・コレクション)
<二幕目の三>…楽屋裏素顔夢想(オフステージ)
<二幕目の四>…痛快機知娯楽絵(ザッツ・エンターテイメント)
<二幕目の五>…滑稽面白相(ファニー・ピープル)
<二幕目の六>…今様江戸女子姿(エドガールズ・コレクション)
<二幕目の七>…志木行楽案内図(フォーシーズンズ・トラベルガイド)
<二幕目の八>…当世艶姿考(アデモード・スタイル)


タイトルだけでも愉しい。そして、なんかこの空気感、どこかで同じような…既視感が・・・・あ!

ワンピースの世界観だ!!

と、なぜかそう思ってしまったのでした。いや、タイトルの作り方がなんだかそう見えてしまったのでした。私だけかな?? ルフィーをなぜか思い出すという・・・。

もう面白すぎるし、愉しすぎるし、オシャレだし豪快だし!!
美しい〜〜〜!カッコいい〜〜〜!!


●絵はがき
a0268821_22321307.jpg
●上:国芳:讃岐院眷属をして為朝をすくふ図
3枚で1つの絵。と言うような、大きい版画の躍動感は凄い。建てに3枚と言う構図のもあり、アイデアすごい!!

●下:国芳:荷宝蔵壁のむだ書き(黄腰壁)
まさに落書き、漫画、戯画。真ん中のは猫か???


国貞の絵はがきは買わなかったけど、国貞の複数の歌舞伎役者や花魁などを並べた絵はオシャレ。役者絵が今のブロマイド代わりというのは、分かるわ〜〜。生き生きした表情やポーズ。見飽きませんね。

今回はちょっと、仕事の打合せ前に駆け足で観たので、サクサクっと見終わったので、勿体なかったわ〜〜〜!










[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-03-24 21:22 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●ゆかいな若冲・めでたい大観

【特別展】伊藤若冲 生誕300年記念
【ゆかいな若冲・めでたい大観】
 ーHAPPYな日本美術ー
●広尾(恵比寿)・山種美術館  ●2016年1/3〜3/6まで
a0268821_23121774.jpg
JR恵比寿西口から徒歩10分。意外にも初めて山種美術館に行きました。お正月からやっていて、ぎりぎり、間に合った〜〜!大好きな若冲を見逃すところでした。
a0268821_23122067.jpg

a0268821_23145288.jpg

伊東若冲と横山大観だけかと思ったら、さに有らず、川合玉堂「松上双鶴」他下記の絵はがきの絵、河鍋暁斎もあった!狩野一信・歌川国芳、伊東深水の「富士」「春」、奥村土牛、下村観山、竹内栖鳳、菱田春草・・・初めて知った画家としては、柴田是真、川崎小虎(東山の嫁の父)、小林古径など・・・どれも縁起物、ハッピー満載。

若冲の「群鶏図」は連作の押絵貼屏風で圧巻!「河豚と蛙の相撲図」「布袋図」「エビ鈴」「仔犬に箒図」、「伏見人形図」・・・どれもほんとに素晴らしい。


●絵はがき・・・
a0268821_23334296.jpg
左上:川合玉堂:「松竹梅」より<竹(東風)>
右上:川合玉堂:<猿>
下:横山大観:<心神>・・・富士山の絵です。


↓下が<竹(東風)>の中の鳥のアップ! 玉堂美術館行きたい!!
a0268821_23452943.jpg

左:伊藤若冲:<伏見人形図>・・・カラー可愛い。
右:柴田是真:<墨林筆哥(ぼくりんひっか)>30図のうちの1図・・・蒔絵作家の書いた漆絵。西洋の油絵と違い、日本の漆絵は長期間にわたって変色もせず、ひび割れもしない。ということを絶賛していました。
a0268821_23334520.jpg
奥村土牛の動物絵が意外と可愛い。次回の展示も観に行きたい。他にも、今回の展示で、新たにじっくり機会があったら作品観たい画家が増えました。

若冲については、300年記念の展示が、またまた、やって来るので、今度は絶対見逃さないぞ〜〜〜!!待ち遠しい〜〜!


[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-03-03 23:32 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)

●映画「オデッセイ」

「オデッセイ」
監督:リドリー・スコット 原作:アンディ・ウィアー 主演:マット・デイモン 
a0268821_21483033.jpg
私は、SFが大好きです。SF映画もよく観ます。でも、基本はミーハーなので、だいたい話題作しか観ないことにしています。

もちろん、話題のSWも見ましたよ〜〜(なんと言っても、第1作目からの大ファン、シリーズすべて観ています)・・・が、最新作は、なぜかツマラナカッタ・・・。
ヨレヨレのハン・ソロなんて・・・ガッカリ。ハン・ソロの息子役がとんでもなく馬面だったので、もはや愕然として・・・肩を落としました。


気を取り直して、レビューなどを確認して、「オデッセイ」を観に行きましたが、これは面白かった!!! 良かった〜〜!!

宇宙ものとしても、リアリティが感じられて(以前観た「インター・ステラー」よりもずっとずっと面白く、リアリティがあったし)、ストーリーも音楽も、グッと来ました!

いきなり、ドナ・サマーの<ホットスタッフ>だし〜〜〜懐かしのディスコミュージック満載。オバサンはノリノリ♪♪

地球から遠い(距離:2億2530万km)火星に1人取り残された宇宙飛行士の地球帰還までの究極の危機とサバイバルの物語。
外気温:ー55℃。酸素ほとんどなし。最大風速:400km/h。水なし、通信手段なし。・・・たった1人、次のNASAの探索ミッションまで4年!!

宇宙飛行士にして植物学者のマーク・ワトニー役を、マット・デイモンが演じています。(マット・デイモンの主役映画なんか初めてです。まったくファンでもありません)

ほんとに危機的な状況で、本来なら絶望してしまう状況下で、最大限知恵と希望をつなぎ、生きぬくことを諦めないワトニーの日々を、陽気なディスコミュージックで彩り、ストーリーは進んで行きます。

ラストシーンでは、ほんとに、思わず涙も出そうになりました。

最近、火星への片道飛行、永久移住の公募などが始まってるようですが、酸素さえもない星へ、旅立つ度胸のある人たちがいるのでしょうか?月より先に遠い火星へ?私が生きてるうちに、そんなプロジェクトが始まることがあるでしょうか?



[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-02-24 22:47 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)