ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●若冲に夢中!

生誕300年記念【若冲展】
●上野公園・東京都美術館 ●2016年4月22日〜5月24日まで

5/19に、行って来ました〜〜〜〜っ!
念願のっっっっ!!
a0268821_23480473.jpg
じ ゃ く ち ゅ う 〜!!

a0268821_23482028.jpg
多くの人が、怒濤の勢いで観に行ったことでしょう。あと数日で終了ですが・・・。3回会場に足を運び、観たのは3度目の時。1回目はチケット購入で断念。2度目は行列見て断念。そして、満を持して3回目の正直。・・・かなり早起きしたつもりしたが、それでも朝7:30過ぎ到着では、もはや既に遅しの感。↓これ↓
a0268821_23563817.jpg

この日の1番の人は5時頃には、並んでたと言ううわさ話(この記事を書いてる5/21には、なんと朝4:30には既に何人か並んでいたと報告が!)。

それでも、この日、8:45頃には入室が始まったという話で、意外とサクサク動いたように思えたのでした。しかし動いても実際の入口はいつまでも遠いような近いような・・・。(↓ここで8:46↓)
a0268821_23563499.jpg

a0268821_23570108.jpg

a0268821_23564214.jpg

a0268821_23564992.jpg


入場規制しつつ・・・(9:06頃の様子)すでに出て来た人もいる。
a0268821_00040129.jpg

実際私が、建物に入ったのが、9:20・・・さらに入室したのは、9:50頃。30分も中でウネウネと列作ってた訳です。トホホ・・・。


既に観た人たちのアドバイスでは、入室後、まず真っ先に1Fのメイン会場へ行くのがポイントだったんだけど、うっかり最初から観てしまって、メイン会場ではもう、「釈迦三尊像」と「動植綵絵」の前は人ごみ団子でした。それにしても、この会場、ど真ん中に太い柱が何本も立ってるので、ぐるりと見渡したいけど、正面が見えないと言う残念な造り。「動物綵絵」の絵の下半分は人の頭でほとんど観られず、まあいいか・・。
a0268821_00130127.jpg
みんなそんなに伊藤若冲が大好きだったのね? 私なんて、つい2〜3年前まで、名前すら知らなかったのに・・・。そんなに有名だったとも知らず。でも観て知ってしまうと虜になってしまったので、これからも機会あれば何度でも観に行ってしまうでしょうね。

でも、いいんだ〜〜〜!ほんとに素晴らしすぎて、込み上げるものがありました。結局、外で待って2時間、中で観賞2時間。ショップに並んで30分。充実満喫満足しました。

特筆すべきは、18日が65才以上無料日だったとかで、最高で320分待ち。5時間20分ですよ!!そんな馬鹿な〜〜〜!!ほとんと頭がおかしいレベル。万博か!



●絵はがき●
a0268821_00252681.jpg
○左:虎図・・・墨絵。愛嬌ある虎。生き生きしてます。若冲の墨絵大好き!
○右:鳥獣花木図屏風・・・プライスコレクションの1枚。大きい絵で色の升目に区切ったところにさらに中に点を入れたりして色の濃淡立体感を出している。空想の動物が沢山いるようなんだけど、面白いな。

a0268821_00253181.jpg
a0268821_00393766.jpg
京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅(宮内庁三の丸尚蔵館)のうち、「動植綵絵」30幅を6枚づつセットにして売っていた絵はがきの1組だけ購入・・・。
○<上>:左:蓮池遊魚図 中:梅花皓月図 右:芍薬群蝶図
○<下>:左:老松白鶏図 中:南天雄鶏図 右:老松孔雀図


以前の展覧会で観た絵も複数展示されていましたので、それを飛ばして観たものの、見応えある展示でした。ほんとに素晴らしい。「動植綵絵」30幅はもう2度と観られないかも知れないけれど、心に焼き付けました。幸せな観賞でした。

[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-05-19 23:46 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/22832036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kinokoji at 2016-05-22 01:59
超人気ですね。現代的な感覚もあって、私もじっくり見てみたいとは思いますが なかなか出かけることができません。
Commented by e-ku-bo3 at 2016-05-22 22:50
> kinokojiさん どうしてここまで熱狂するのが不思議です。
テレビの宣伝のなせる技か。もしくは私のような暇人が多いだけなのかもしれません。
でも、見る価値があり、元気が貰える絵画だと思います。
今後はあちこちに散らばるコレクションをゆっくり観るのがいいかも。
<< ●夢叶う棒が復活の兆し ●マルバストラムとスパティフィラム >>