ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●宮川香山展

没後100年宮川香山】
●六本木・サントリー美術館 ●2/24〜4/17まで
a0268821_22035137.jpg
全く聞いたことも観たこともない・・・宮川香山て、誰??・・・という感じで観に行きました。世界に冠たる陶芸の名手(1842〜1916年)ということです。
明治3年に京都から横浜に移って、輸出用の陶磁器の制作をしたのだそうで・・・香山の「眞葛焼(まくずやき)」

こんなの見たことないよ〜〜!陶器の表面にリアルな浮き彫り、造形。「高浮彫(たかうきぼり)」その技術の精巧さ、生き生きとした鳥やら蟹やら植物やらが、デコラティブなリアリティでグイグイと迫って来ます。凄いよ〜〜これは!!!明治の人ってどこまで凄いの!?


撮影OKのコーナーで撮った作品。
a0268821_22112637.jpg
a0268821_22113420.jpg
a0268821_22113775.jpg
a0268821_22114074.jpg
ワクワクするわ〜〜〜〜!これ!! 入口にはいきなり、超精巧な立体の蟹が〜〜〜!驚くよ〜〜〜!チラシの猫ちゃんは意外に小さくて可愛いのだ!蛙だとか、鷹に雀、ウズラ・・・なんなの?この表現の技術!

ほとんど海外にあるものを、約50年かけて集めて研究した田邊 哲人氏のコレクションからの展示。

青磁の美しい壷だとか・・・うっとり〜〜〜!

サントリー美術館、ほんといい仕事しますわ!





[PR]
by e-ku-bo3 | 2016-03-28 21:55 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/22661553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ●もう4月 さらに我が家のベラ... ●ベランダの整頓・植え替え >>