ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●広重と清親展

スターウォーズ展にいくか、鳥獣戯画展に行くかと迷った末、午前中雨だったので、来場者が少ないと見てチャンス!とばかりに鳥獣戯画展に行こうと思い、上野まで行ったのですが、上野でハタと気がついたのです。今日は土曜日だった〜〜〜!しかも、気がつけばいつも通りの昼過ぎ。案の定、鳥獣戯画展140分待ち!!・・・やめた〜〜!

【広重と清親展】
●後期:5/1〜5/28まで

と言うことで、考えた結果、穴場の原宿にある太田記念美術館へ行くことに!
a0268821_19585626.jpg
a0268821_19585911.jpg
原宿は激混みでしたが、ほんの少し道を逸れて入った太田記念美術館は、空いていました、ほんとに。良い感じです。

歌川広重と小林清親は50年ほど時代が異なります。たった50年なのに清親は明治の浮世絵師。たった50年の間に、東京の近代化が進んでいる様子が浮世絵から見て取れます。
同じようなモチーフや景色を並べて展示されていて、とても興味深かったし、面白かった。


それにしても、やはり広重。大胆な構図が面白い。凄い!


●絵はがき

左:(広重)名所江戸百景 両国花火
右:(清親)両国花火之図
a0268821_21492653.jpg
左:(広重)名所江戸百景 亀戸梅屋敷
右上:(広重)東海道五拾三次之内 庄野
右下:(葛飾応為)吉原格子之図
a0268821_21493248.jpg
最後の応為の絵は以前も見たと思うけど、光と影の描き分けが凄い。美しかったです。見応えのある美術展でした。





[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-05-16 23:50 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/21245032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ●春のバラフェスティバル ●ゴムの木と新しい植物たち >>