ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●ホイッスラー展

横浜美術館開館25周年記念
【ホイッスラー展】
究極の美を求めてーージャポニズムの巨匠、待望の大回顧展
●横浜美術館 ●期間:2014/12/6〜2015/3/1

a0268821_23465830.jpg
a0268821_23465642.jpg
この絵のチラシとポスターで、ちょっと期待して行ったんですが、残念ながら私の予想してたのとちょっと違った・・・。
「白のシンフォニーNo.2:小さなホワイトガール」・・・実はホイッスラーの愛人がモデルって言う・・・トホホ・・・。

「ジャポニズム」の巨匠というので、なんというか、もっと日本的な匂いのする絵が見られるかと思ってたけど、今ひとつ???

a0268821_23500732.jpg
唯美主義(=色と形の調和による視覚的な喜びを目指す・・・らしい)を指導し、日本の浮世絵や工芸品にインスピレーションを得た絵画・・・というけど、今回あまりそういう題材の絵画が少なかったということなのかも。

上の絵はがきの左側「黄色と金色のハーモニー:ゴールド・ガールーコニー・ギリクリスト」・・・少女マンガ的なタッチ!
右側「紫とバラ色:6つのマークのランゲ・ライゼン」

a0268821_23500932.jpg
むしろ、川や橋を題材にした絵が多く、連作の版画の小品(絵はがきのモノクロのものとか「ブラック・ライオン波止場『16点のテムズ川の風景エッチング集』

絵はがきの上左側:「ノクターン:青と金色ーオールド・バターシ・ブリッジ」・・・浮世絵『名所江戸百景』のうち《京橋竹がし》」をモチーフにしているということで、比較する展示になっていたが、広重の方が素晴らしいのですけど・・・でも、霞がかった深いブルーはとても綺麗でした。
さらに右側:「ノクターン:ソレント」・・・こちらも不思議な水色が幻想的。美しい1枚でした。

祝日でちょっと混んでいたのと、あまり目を惹く物がなく、割とあっさり観て終わりました。

前回のと続けて不作だな〜〜ちょっと。

[PR]
by e-ku-bo3 | 2015-02-11 22:13 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/20885530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2015-03-06 06:21
こんにちは。
私も横浜美術館で、ミレーの作品展をみてきましたので、興味深く読ませていただきました。
昨年のオルセー美術館展で、ホイッスラーの最高傑作といわれる「灰色と黒のアレンジメント・画家の母の肖像」の黒の世界を堪能しましたので、今回の作品展ではホイッスラーの城の世界を味わえて、ホイッスラーという画家の全体像が味わえてよかったと思いました。

私は横浜美術館のホイッスラー展で観た作品に、昨年のオルセー美術館展で「灰色と黒のアレンジメント・画家の母の肖像」も含めてホイッスラーの絵画の特徴や魅力を整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。
Commented by e-ku-bo3 at 2015-03-19 23:32
>desire_sanさん。コメントありがとうございます。
幅広い解説まとめはいつも大変素晴らしいですね。
私は、全く感覚的にしか見ていないので
感想もはなはだ単純適当です。(汗;)
<< ●早起きオキザリスと蕾みたち ●地味ながら、蕾み >>