ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●アボカドの根っこがでました

梅雨が明けて猛暑到来。昨夜は、激しい雷雨で都内の数カ所が停電。最近停電多くないかな?東京都は、意外に雷に弱いんじゃないかしら?大丈夫?東電。

さて、ずいぶん前に植えていた、アボカドの種。やっと根が伸びました!
a0268821_10155402.jpg
土植えで暑い日が続いて、たぶん1ヶ月は掛かったのでは?ここから葉が出るまでには、まだまだ掛かるようです。
・・・が!友人によると、アボカドは雌雄があって、1本では実がならないんだとか! ガァ〜〜〜ン!ショック!
と、書いたんですが、後で調べたら、1本で雌雄の花が時間差で咲く、雌雄異熟花という、不思議な樹(他にもそういう樹はあるかもですが)だということが判明。
そういう意味で複数本あった方が良さそうですが、1本だと人工授精をする必要があるとのこと。時間差で咲く雄花の開花を冷蔵庫などで維持させて、雌花が咲いたら受粉させるという。・・・やっぱり難しい。何れにしても実をならせるのは至難のわざと言えましょう。


でも、いいか。美味しいものが育たない我が家だから・・・。


ブーゲンビレア・ベラも、咲き始めました!夏到来です。
a0268821_10155255.jpg
十二の巻は、子株がさらに増えそうで、狭苦しい隙間(親株とsy大子株の隙間)から、伸びようとしています。なんとかせねば〜〜。
a0268821_10160264.jpg


[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-07-25 10:22 | 我が家の植物たち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/20031946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kinokoji at 2014-07-28 00:14
植物は自家受粉をさけるため 雌花雄花の開花時期がずれたりすることなどあるようですね。
実のなる木は魅力的。
Commented by e-ku-bo3 at 2014-07-28 20:15
> kinokojiさん。自家受粉を避けるためですか?
あえて、避けるということなんですね。
遺伝的な弱体化を避けるためとか、そういうことですね。
実のなる樹に、実がなった試しが無いですが、
美味しい実がなるまで、頑張って育ってほしいです。
<< ●江戸妖怪大図鑑 第1部 ●コッコ オン ザ ストーン >>