ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●我が家の春待ちの植物たち

今日って、「啓蟄」らしいです。言われて、そうなんだ〜〜ってくらい、あまりピンと来ません。しかもこんなに寒いんだし。冬ごもりの虫も引っ込んじゃいますよ。
寒さに弱いアンゲロニアが、あの豪雪で一気に枯れて(根元は生きてるけど)先日の暖かい日に枯れた部分を切り取ってみたら、足下に新芽が2つ。
a0268821_13501316.jpg
何だろう?と見てみれば、どうも昨年一昨年かに植えてすぐ枯れた、ノースポールの零れ種が芽を出したもののよう・・・。上手く育つと良いのだけどね!楽しみ!

a0268821_13514827.jpg
そして順調に花芽が伸びて来ている多肉さん。もう何年我が家にいるか忘れて、多分3年以上は経ってるはず。初めての花です。

a0268821_13530632.jpg
そして再び、ワイヤープランツの花をじっくり見てみた。半透明でプルプルの肉厚なのが花なのか?プルプルの真ん中には黒い種があるように見える。それともその手前の黄緑の萼みたいなのが花なのか?今ひとつ不明。

調べてみると、地味な黄緑みたいな部分が花で(観葉植物らしい花ですね)透明なのは果肉、黒いのが実(種?)の様です。

a0268821_1793383.jpg
ハゴロモジャスミンの蕾が出始めています。早く暖かくなって欲しい〜!
[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-03-06 13:55 | 我が家の植物たち | Comments(0)
<< ●春の新入り ●寒の戻り >>