ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●大浮世絵展

いつもの年なら、今日明日と初詣の2度目3度目お参りとなりますが、今年はもう1度で満足したので、貴重なお休みの間に別のところに出かけることにしました。
本日から開催の・・・
a0268821_2113157.jpg

【大浮世絵展】
●両国・江戸東京博物館 ●1/2〜3/2まで
a0268821_21243698.jpg


今日が初日なので混んでるのはわかっていながら、お正月にふさわしい展覧会ではないかと思って、気軽な気持ちで出かけました。昨年、一気に日本の美術に深く興味を持つに至ったため、今までとは違う見方感じ方が出来るのではないか?という期待もあって、行くことにしました。

思い起こせば、私が、日本画の素晴らしさに開眼したのも、この江戸東京博物館でみたファインバーグ・コレクション展「江戸絵画の奇跡」のおかげでしたが、あの日は混んでるから、並ぶのが嫌いな私はたったの5〜10分で観て回ったのでした。とても残念なことしました。
今回は激混みだろうと、じっくり観ずには置かない覚悟で、もう嘗めるように観て回りました。
a0268821_21241116.jpg

いままでも、それなりの興味があったけれど、浮世絵ばっかりじゃ飽きるな〜などと多少思っていたのに、やはり、ものすごいモノだ!と心の底から感嘆を禁じ得ないという思いに、改めてほんとにじっくり観たので、混んでることと合わせて、凄く時間がかかってグッタリ・・・。
a0268821_21312731.jpg

a0268821_21313680.jpg


写楽や歌麿、春信、清長、国芳、etc.・・・特に北斎と広重においては、もはや神!と驚嘆するばかり。
アートというよりも、グラフィック的な構図、色彩、創造性、デザイン性、デッサン力、観察力。絵画と言われる前に、やはり、イラスト、マンガの先駆者って感じがしました。写真の代わりでもあり、絵本画家でもあり。庶民の楽しみは、現代人の動画の普及に匹敵する刺激と楽しみがあったのではないかと思いました。

浮世絵の始まりが「岩佐又兵衛」という人なのも初めて知りました。
さらに、北斎や広重の絵の表現力に欠かせないのは、優秀な彫師、刷り師が居てこそ!とつくづく思いました。いっさい名前が残されていない影役者。絵の命の線、そして色を再現するのは彼らなんですから。その細かい絵の表現。版画ではない浮世絵もある訳ですが、やはり印刷が出来て複製を一気に多数創れるようになった版画こそが、アートではない庶民のための絵として普及し、描き手の表現も広がった要因でしょう。

心から満足しましたし、可能ならまたゆっくり観に行きたいものです。


ここまで、ですでに2時間半以上たっていましたが、2日と3日だけ常設展が無料とのこと。頑張って観ることにしました。
【東海道五拾三次】
ー江戸の旅事情 お伊勢参りと物見遊山ー
a0268821_2156860.jpg

53枚すべての展示。ここも混んでいて、さすがに疲労と空腹の極地だった私、もうゆっくり並ぶ気力がなくて、少し端折って観ました。じっくり観たかったんですが。広重のこの面白い絵を!

東海道五拾三次・・・といえば、永谷園のお茶漬け・・・という刷り込み〜〜。今更ながら恐ろしい庶民性。
まさか現物を観ることになろうとは〜!考えてみると、この絵の独自性として、四方の角の欠けの妙。これがこの絵の額としての役割を果たしていて、ただの風景画以上のインパクトを持たせるのに一躍買っている、と思いました。その発想が凄い!これを53枚のシリーズ化したのが凄すぎる。
a0268821_22174373.jpg

a0268821_22175057.jpg

a0268821_22164998.jpg


日本人て世界に比類なき才能のある芸術と表現力をもつ民族なんだあ〜〜〜〜〜〜!圧倒された1日でした。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2014-01-02 22:35 | エクボの日々 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/19281284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2014-01-02 23:10
今年は浮世絵から芸術観賞が始まりましたか?^^
日本画として見ても凄いものなのに版画だと言う事がまた素晴らしいですね・・・・・
書かれているように色彩下絵を描いた画家より彫師や摺師の職人技で完成度が全く違いますね・・・・・
日本の伝統芸術や工芸品はこのような分担性が多いですね
提灯も団扇も和傘も漆器や蒔絵等も同じですね・・・・・^^

岩佐又兵衛が浮世絵の基を作ったと言われる事は知っていました
織田家に関係していたようなので資料で見た事がありましたがその頃は福井県に住んでいた頃のようです~♪

北斎や写楽は画家で国芳はイラストレーターみたいな存在に私には思えますね~^^
日本の芸術は凄いですね
文字だけでも勘亭流や江戸文字、寄席文字に相撲文字等があって家紋なんて世界で類を見ない象徴だと思います~

歌舞伎や浄瑠璃、日本舞踊に寄席・・・・・
日本に生まれて良かった~~です^^
Commented by e-ku-bo3 at 2014-01-03 18:04
> shizenkazeさん。新年を浮世絵でスタートするってどうでしょうか?
やっと違いがわかる年頃になって参りました(笑)
まだ、工芸については、わからないですけど・・。

浮世絵という庶民に近いアーチストあるいはクリエーターたちが
現在に生きていたらどうなっていたでしょう?
あの時代に最初にあの版画や、いろんな芸術表現方法や、
ロゴデザインやら、発見発明した人たちは、
いったいどんな人たちだったのか?
そんな人を輩出したあの時代、いったい何だったのか?
不思議に思えてなりません。

日本て凄い!ほんとに凄い!


Commented by lune at 2014-01-07 22:26 x
確かに圧倒される・・・
写真の写し方や配置が綺麗。わたしの下手な写真ではこのようにはならない。芸術的表現などの解説もお願い。
Commented by e-ku-bo3 at 2014-01-10 21:20
>luneさん。写真の写し方や配置をお褒めいただき恐縮です(汗;;)
芸術的表現・・・なんて表現自体が怪しい私。
解説ができるかどうか??・・・アンチョコが必要です。
<< ●今日の夕焼け空 ●2014年元旦は3月下旬の暖かさ >>