ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●2013年は寿三郎人形展で〆

さて、慌ただしく、何が何だかのまま、今年もあと数時間で暮れて行きます。
今年はあまりウォーキングもせず、体重も一気に6キロ以上も増加するという、人生初のおデブ化に、おののきました。今もあまり体重を戻せないまま、年越しです。

今日なんとかギリギリしかも久々に、ザザッと大まかに小掃除を済ませ(でも、まだ拭き掃除と片付け/断捨離は出来ていない)取り合えず、1年を終えられそうな気配になったので、今年最後の展覧会に行きました。

辻村寿和COLLECTION
【寿三郎人形展】
ー女たちが紡ぐ千年の浪漫ー
●西武池袋本店 本館7階 ●〜2014年1月5日まで

a0268821_21414919.jpg

平安から現在までの女性たちを生き生きと幅広い表現で創作されています。指の動きの細やかなことと言ったら〜〜〜〜!顔の表情、特に目の豊かな表現と来たら!

1)源氏絵巻縁起(平安時代)
小さい可愛い源氏ものがたりのシーンを再現。衣装をよく見ると、貝殻の袖。可愛くて素敵。

2)新八犬伝 芳流閣の決闘(室町時代)
某TV局の人形劇1973〜75年に放送された時の人形。懐かしい〜〜〜!すごい。

3)戦国武将 華々の流転(戦国時代)
安土桃山時代の武将たち。筋肉隆々だったり、かっこいい迫力。ちょっとEXCILE的な男性たち・・・という感じ。

4)五人女競艶+吉原遊女(江戸時代)
実に色っぽいつやっぽい女性たち。リアル感もたっぷり。

5)十二星座+SILKDOOL+平成の娘たち(現在)
十二星座は半立体の人形。豪華な衣装です。SILKDOOLはオシャレで豪華な女優たち?そして可愛い女の子たち。

なんて盛りだくさんなのに、入場料が安い!と思います。

今年はほんとにいい作品をたくさん観た!!!私の美術の見方と感じ方を大きく変えたと言って良いくらい。一生分は観た気がします。

来年も良い年でありますように・・・。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2013-12-31 21:58 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/19267438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2013-12-31 22:32
今年一年有難うございました~
また来年も宜しくお願いいたします・・・・・^^
新しい年がe-ku-bo3にとって幸せ多い一年になりますように~♪

人形作家の辻村ジュサブローさんは今は寿三郎にしているのですね
妖艶な人形はとても魅力があります
でも人形って魂が宿っているみたいで身近に置くのは何となく怖いような気がします~
Commented by e-ku-bo3 at 2013-12-31 22:44
>shizenkazeさん。こちらこそ来年もどうぞよろしくお願いします。
あ、そういえば、ジュサブローがいつのまにか寿三郎になってますね。
気がつきませんでした〜〜。
リアルな人形は確かに怖いですよね。
自分で作った稚拙なものでも、捨てる時など勇気がいります。
不思議ですね・・・。

<< ●2014年元旦は3月下旬の暖かさ ●カイユボット展 >>