ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●カイユボット展

ブリヂストン美術館へ行ってみました。もしかしたら初めてだったかもです。

カイユボット展は、ちょっと期待していながらも、迷っていましたが、期待以上で凄く良かったです。

都市の印象派、日本初の回顧展
【カイユボット展】
●八重洲・ブリヂストン美術館 ●〜12/29まで
a0268821_2335039.jpg


ギュスターブ・カイユボット。モネやルノアールと共に印象派を代表する画家、とのことですが、資産家の息子であったために、自分の作品を描きながら、画家たちの資金援助や絵画の蒐集をした人のようです。
若い頃の自画像がありましたが、なかなかのイケメン(私の基準ではイケメンは高得点です!^^)むしろキュートな感じ。45才で早世してしまったのが残念です。
a0268821_23392173.jpg
後年の自画像をみると、かなり厳しい顔つき。もう1枚の自画像では、さらに老け込んだ様子。左上のひまわりの咲いている家が、カイユボットの家。
a0268821_2340242.jpg

どの絵も、色彩の鮮やかさと光の明るさが、とても素敵!さらには奥行きのある構図のダイナミックさが、迫力でした。人物の動作も生き生きしていて、凄く良い!好きだな〜〜。
弟が写真を撮り、ギュスターブが絵を描く。園芸やボートなど趣味が豊富.ボート好きが高じて設計までしたというのが面白い。
絵はがきにある、<イェール川のペリソワール>、黄色いオールと奥行きのある川の緑と光。部屋に飾りたい〜〜〜!欲しいです。
同じボートの絵で<シルクハットをかぶったボート漕ぎ>という絵もあり、それは漕いでる人物が迫力あってそれも良かったですよ。(しかし私のボキャボラリの貧困さ〜〜)

パリの街を描いていて、今回の展示の仕方で、現在の写真と比較したり、床一面にパリの地図を描き、どこから描いたかとか、なかなか面白い趣向。

どの絵も素敵で、ほんとワクワクしました。今まで知らなかったのが、もったいなかったです。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2013-12-26 23:57 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/19233880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2013-12-27 23:10
ギュスターブ・カイユボットの事は恥ずかしいですが全く知りませんでした
写真に写されている絵を見ると町の中の風景を描かれる印象派の画家だという事は判ります・・・・・

モネやルノアールは好きですが今日初めて知ったこのギュスターブ・カイユボットも好きになりそうです~^^

書かれていた『ボートなど趣味が豊富でボート好きが高じて設計までした』を見て余計に身近に思えました~^^
私も30代の初めにカヌーを1から設計して手造りしました~
勿論私が乗って漕いでも沈みませんでしたよ^^
琵琶湖でバス釣りに使っていました・・・・・♪^^
Commented by e-ku-bo3 at 2013-12-31 20:01
> shizenkazeさん。カヌーまで作ってらっしゃいましたか?
ほんとに趣味と技術が幅広いお方ですね〜〜!!ひたすら驚きです。

カイユボットを知らなくても、全然恥ずかしくなんてないですよ。
だって、たぶんほとんどの人が知らないはず。
でも、知ることが出来て良かった画家だと思います。
<< ●2013年は寿三郎人形展で〆 ●我が家の花たち >>