ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●和様の書と芸祭

すっかり涼しくなったとはいうものの、まだ30度近い。それが涼しく感じるとは、私の感覚は、どうなってしまったのか??不思議です。

今回は、書を観に行きました。
特別展【和様の書】
●上野 東京国立博物館 平成館● 〜9/8まで
a0268821_22444887.jpg

書の実物を見ると、歴史上の人物が、現在したということが、実感できます。字を見ると、まさにその人がどんな人だったか、噂通りなのかどうなのか?などと、想像が広がります。
もともと、日本になかった文字を、中国から仕入れて日本様に変換して行った、歴史上の有名人の書。仮名の成り立ち。書の流派で文字の形、書き方がずいぶん違うものです。

三跡、天下人、国宝・重文の名筆。三跡とは、小野道風、藤原佐理、藤原行成。天下人は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康・・・個性豊か。うまい下手ということを、書を書かない私たちがあれこれ感想を述べるのもおこがましい。美しく力強く落ち着いた文字を見るとほっとします。書も奥が深いですね〜〜。

【藝 祭】
さて、上野公園の広場では東京芸術大学の芸祭が行われていました。舞台の左右に鎮座しているのは、御神輿で、上野の地域の商店街の人たちによって、評価をいただくようになっていたようです。
a0268821_2333594.jpg

a0268821_2371280.jpg

a0268821_2371390.jpg

a0268821_2371656.jpg

カラフルな御神輿です。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2013-09-06 22:40 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/18584388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ●東京オリンピック決定! ●ヤモリジャ〜ンプ! >>