ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●谷文晁展に行ってみた

ファインバーグ・コレクション以来、日本画に目覚めた私。全く知らない「たにぶんちょう」なる絵師の絵を観に行ってみることにした(とりあえず)。

【谷文晁 生誕250周年 展】
●サントリー美術館(六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階● 〜8/25まで

a0268821_2223492.jpg


江戸後期の関東画壇で中心的な役割を果たしたと書いてあります。チラシに。全く知らない人。パトロンが松平定信、弟子が渡辺華山・・・渡辺華山は知ってる、名前だけは。

いろんな画風を学んで多岐にわたる画風で絵を描いていたらしい。そのせいで、この人はどんな画風、とはっきり認識不可能。

「石山寺縁起絵巻」の修復した巻物絵を修復後初公開。これはかなり良かった。面白かったのが、2度目の奥さんと本人の顔のシルエットだけを一対の掛け軸に仕立ててる絵。面白い。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2013-08-16 22:01 | エクボの日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/18446104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ●アンドレアスとレオナールの色... ●コッコさん美談 >>