ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●貴婦人と一角獣展

基本的に連休は関係なく普段通りにしていますが、たまたま、連休に掛かってしまったけれど、連休の最後なら、まだ人も少なかろうと、出かけてみました。

【貴婦人と一角獣展】
●乃木坂・国立新美術館にて 〜7/15まで

a0268821_0412086.jpg

6枚の大きなタペストリーがメインの展覧会。ほぼそれだけ。でも、充実してました。美しく楽しいタペストリーの絵でした。

展覧会の為にリメイクしたようで、色がほんとにきれい。地色が赤、貴婦人の衣裳や、草花と動物。メインの一角獣と獅子のカメラ目線の愛くるしい、お茶目な表情は、すごくいい!!

展示総数はかなり少ない異色の展示でしたが、充分満足!


同じタイミングで、国展というのが、大規模に開催されていて、これがフリーデイだったので、これも見てみました。写真、絵画/版画、工芸、彫刻とあり、絵画以外をみましたが、とくに彫刻はところ狭しと、ギュウギュウに展示してあり、技術はまちまちでしたが、これもすごく面白かったです。版画も興味深かったです。

ラッキーな1日でした。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2013-05-06 22:38 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/17778646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2013-07-06 09:27
こんにちは。
私も「貴婦人と一角獣」を見てきましたので思い出しながら楽しくブログを拝見しました。
タペストリーは色が褪色したものが多く、きれいでなく今まであまり好きではありませんでしたが、「貴婦人と一角獣」は色がきれいで、中世の作品とは思えない優雅で上品で貴族的な繊細な表現に驚きました。

私も自分なりにこの作品のすばらしさなど感想を書いてみました。
ご一読いただけると嬉しいです。ご意見などコメントやトラックバック頂けると感謝です!
Commented by e-ku-bo3 at 2013-07-07 23:21
>desire_sanさん。こんばんは。
今回のタペストリーは復元されていたので、
とても色鮮やかで奇麗でしたね。

動物たちの表情の豊かさが、とても楽しく素晴らしい作品でした。
<< ●国際バラとガーデニングショー ●新入り<ゆめかなうぼう>って? >>