ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●ミュシャ展

今日は、映画を観るか美術館行くか迷いましたが、ミュシャを見ることにしました。

【ミュシャ展】
六本木・森アーツセンターギャラリーにて。〜5/19まで。
a0268821_0235657.jpg

いつ見ても怖いです、なんだか。東京タワーと一緒に撮っておきました。

ミュシャ展は、たぶん20年以上昔、大阪在住時代に観たキリだったのではないかと思います。アールヌーボー式の画風ですが、画家と言うより、イラストレーターあるいはデザイナーというような延長線で観るせいか、綺麗だけれどあまり強い興味はありませんでした。

今回は、いつもの絵以外の作風のが観られるとのことで、行ってみました。
a0268821_0373078.jpg

今回、油絵、テンペラ画、鉛筆などの習作が沢山きていました。上手いです!柔らかい色合い、ポスター絵をリトグラフで作っていたわけですが、ほんとに人物、女性が美しい。壁画や舞台絵なども描いていました。

モデルを写真で撮って作画しているなど、近代的な手法です。ミュシャの娘さんが絵葉書にもありますが、とても美人〜〜。スラブ系の人、ボスニアの戦争がミュシャの後半に影を落としているということは始めて知りました。そう思うと、今までと違った眼で作品を観賞できます。

とはいうものの、つよい感動はなかったな〜〜〜〜。
[PR]
by e-ku-bo3 | 2013-04-05 00:14 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/17568108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2013-04-24 10:17
こんにちは。
私も六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーでミシャ展を見てきました。
ミシャ展を思い出しながら、楽しくブログを拝見しました。
『ジスモンダ』、は非常に繊細な表現の斬新な作品だと思いました。
ほかにもたくさん魅力的な作品がありましたが、油彩画では、
『ヤロスラヴァ』にミシャのチェコ人としての誇りを感じて心に残りました。

私も今回展示されていたミシャ展の作品を見て、ミシャの作品の魅力を私なりにまとめてみました。
ぜひ読んでいただき、ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、ブログにコメントなどをいただけるとうれしいです。
Commented by e-ku-bo3 at 2013-04-24 23:29
>desire_sanさん。『ジスモンダ』サラ・ベルナールの
舞台ポスターですね。素晴らしいですね。
どっしりした油絵の肖像画とは全く違う世界観の構築はほんとに、ミュシャならでは。
ヤロスラヴァ、意志の強い視線に惹かれますね。
<< ●久々に富士山 ●新しいミニバラなど >>