ブログトップ

太陽と大地のエクボ3

ekubolife3.exblog.jp

●メトロポリタン美術館展

今朝も寝坊した為に、走ると時間がなくなるので、午後から出かける方を選択。また、美術館へ行きました。今回は、上野まで。やはり、美術館は、熟年〜老人の人だかり。

【メトロポリタン美術館展】
<大地、海、空ー4000年の美への旅>
東京都美術館にて、〜2013年1/4まで。
a0268821_23531114.jpg

チケットは今回の呼び物?ゴッホの糸杉です。
a0268821_23552727.jpg

美術館前の球体。魚眼的に見えて面白い展示物です。
a0268821_2356199.jpg


今回は結果から言うと、期待外れでした。というか、あまり期待はしてなかったけど。
20年くらい前になってしまうけど、1度だけNYへ行ったことがあり、その際にあちらの本物METへ行ったことがあります。広くて明るくて、開放的で自由な感じ。中では、ブロンズ像の前で、スケッチしてる人がいたりして(日本では絶対考えられない。ガム噛んでた人さえ、入口で注意されていた!)、すごいな〜!!と驚嘆した記憶が、かすかに今でも残っているのです。

狭くて暗くて閉鎖的な美術館では、あの楽しい!という感動は味わえません。東京都美術館のリニューアル記念だったらしいけど、内容がなんだか今一つ。不満が残りました。点数も少なく、あまり好きな作品がなかったせいかしら?混み合う人のすき間を駆け足で観て回りました。

唯一、ゴッホの糸杉の絵が知ってる絵だったけど、皆さんも同じだったらしく、そこで立ち止まってる人が多かったです。その人だかりの頭のすき間から観ていて、ふとこの頃のゴッホは、モチーフよりもオリジナルの絵のタッチに凄〜くこだわっていたのではないかな〜?それを生み出すのに苦しんだんではないかな〜??と強く感じました。

その中でも、2点ほど、気になった絵が、絵葉書にもなっていたので、買って来ました。写真では観たものはまったく表現されてないけど、ポストカード印刷ってほんとに残念な代物。

a0268821_044123.jpg
左側が、モネの絵『マヌポルト(エトルタ)』。睡蓮のモヤ〜っとした優しい絵しか知らなかったので、光はモネだけど、こんな風景も描いたのか!とちょっと、驚きました。右側は、ミレーの絵『麦穂の山:秋』。これは心惹かれました。これまた、落ち穂拾いくらいしか知らない私、ゆったりとした羊たちと、巨大な麦穂のほんとに山!みたいな大きさに、癒される感じがしました。

この2点が観られただけでも、良かったのでしょう。


上野は、まだ完全に色付いてはいませんでしたが、この数日寒さが続けば、一気に色付くかも知れません。
a0268821_0131374.jpg
a0268821_0133515.jpg

コレは、公園の入口にあるイチョウの樹。大きいんですが、まだ緑なのに頭だけ金色に色付いていて、遠くから観たら、冠を冠っているように見えました。左後ろに小さくスカイツリーはオマケのショット。
a0268821_0135949.jpg

[PR]
by e-ku-bo3 | 2012-11-15 23:30 | エクボの日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekubolife3.exblog.jp/tb/16804939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shizenkaze at 2012-11-16 22:52
リヒテンシュタインにメトロポリタンとe-ku-bo3さんは芸術がお好きだったのですね~^^
私も好きでしたが有名なものは岐阜に来る事は少ないので名古屋まで出かけないと見られません・・・><

私が写真を写していると『どんな構図がいいのですか?』と聞かれる事がありますがそんな時には『写真家の写真より色々な画家の風景画を参考にするといいですよ』と応えています・・・・・^^

私もフラリと美術館に行きたくなりました・・・・・^^
Commented by e-ku-bo3 at 2012-11-19 09:13
>shizenkazeさん。たまには芸術の秋も良いかと・・・。
暇つぶしにもピッタリです〜!(笑)

東京の良い所は、有名なものが次々来るところでしょうか?
いま、美術館ブームだそうで・・・。
ブームだから見に行くという人が多くて、私は敬遠しています。

写真の撮り方、参考になります〜!!
・・・でも、へなちょこ携帯ではね・・・。
<< ●木枯らし1号から急に冬突入〜? ●すっかり雪で真っ白な富士山 >>